March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ダイハツキャストアクティバの感想

車好きな人々には酷評されているダイハツキャスト。理由はデザインやコンセプトにオリジナリティがないこと。ただ、日本だけの軽自動車業界。そういうのはあまり重視されない。ヨーロッパ車についてよく言われる「所有する喜び」的な要素は求めていないのだ。昔より軽自動車は「これで十分!!」という雰囲気になっているが、心の中ではみんな軽は軽という気持ちもある。車好きが目くじらを立てて、重箱の隅をつついても仕方ない。もっとユーザーは気楽に選んでいるようだ。

軽自動車市場はホンダの存在感が増しているものの、やはりスズキとダイハツという大きな二大派閥がある以上、ダイハツ派の人にとってはダイハツのハスラーが欲しいと思っている。その声に応えた商品が出るのは自然なことだと思う。ただ、さすがにダイハツもアクティバだけでは気が引けたのだろう。ミラジーノの後継と主張できるスタイルというシリーズを中心に据えて、ついでにアクティバというハスラーっぽいやつもありますという形で出てきた。

ただ、個人的にはハスラーに本気で対抗したいなら、そこにターゲットを絞り込んでしっかり作った方が良かったと思う。いや、もしかしたらダイハツとしてはスタイルをメインに考えた可能性もあるから、スタイルにも乗ってみなければならない。スタイルシリーズはすごくいいかもしれないが、アクティバに関してはハスラーよりも上回っている点が見つからなかった。

まずパワートレインではスズキが圧倒している。ハスラーはS-エネチャージを搭載したが、このR06A型エンジンが日々進歩していて、とにかく使いやすい。低回転でのトルクがあるのだ。昔スズキにあったMターボエンジンと同等の性能がある。さらに、回さなくて十分走るから実用燃費がいい。おそらく2〜3.0km/Lはハスラーの方がいい。ターボを選ばなくてもストレスがないという点ではスズキかホンダということになる。実際ハスラーはターボがあまり売れていない。「J STYLE」にターボがないのも、売れてないからだという。エンジンが旧いダイハツは刷新するまで評価が落ちることは致し方ない。これは最初からわかっていた。ただ、新型ムーヴはそれを差し引いても、コンパクトカーを超える驚くような乗り心地の良さ、静粛性に感嘆。ワゴンRはもう旧い!!とここに書いたわけで、キャストにもそういうビックリを期待してした。でも、それも感じられなかった。ハスラーはジムニーやエスクードなどを作っている経験が生きているのか、SUVってこういう感じという乗り味のおおらかさが上手に表現できていると思う。ストロークがすごくあって、けれどコーナーに行っても背の低いアルトと比べても負けないくらい安定している。でも、キャストはコーナーでのロールの少なさなどハスラーより良い部分はあったが、全体的にはムーヴで感じた感動的なクオリティはなく、ツッパリ感のある安っぽい足だった。

室内空間もハスラーが広かった。リヤシートに座ると頭が付いてしまう。ラゲッジルームもキャストはかなり狭い。シートの裏も布だ。ハスラーは防水ボードが貼ってある。フロントシートのサイズもハスラーが大きい。男性はハスラーがいいと思うかもしれない。また、キャストはシートがすごく高くて、ステアリングが低い。男性が買うならシートリフターとチルトステアリングは必須である。それにシートヒーターもない。インテリアも「X」はかなりそっけない。ハスラーは安いグレードまで艶ありのパネルがあるし、デザインもSUVっぽい。全体の統一感がある感じがいい。

ダイハツのディーラーにハスラーが置いてあることもあるようだが、比較されてハスラーがいいということにならないだろうか。スズキは嫌だ!!という人ではない無党派層なら、キャストのおかげでハスラーが売れてしまうこともあると思う。ただ、スタイルの内装の質感の高さはスズキにはないもの。もしかしたらスタイルシリーズの方が数段良いかもしれない。乗り心地だって、標準車高のスタイルがムーヴ並みにいいのではと予想する。そういう意味ではスタイルシリーズにも乗ってみないとキャストとしての評価はできないと思っている。

この車も今の軽として相応の商品だと言えるが、期待しすぎたのか、ちょっと意外なほどこの車を選ぶ理由がなかった。後発なら何か新しいもの、どこか超えている点が欲しい。せっかくスタイルという上級志向のシリーズもあるなら、変にライバルを見ず、双方を融合するような車にした方がダイハツらしさが出たのではないかと思う。上級志向、SUV風味、スポーツと、一度に欲張ると、結局焦点がぼやけてしまう。もちろん、買っていけないレベルとか、そんな話ではない。普通に十分な商品だと思う。けれど、積極的にハスラーよりもここがいいからキャストを選ぶという点もないのが残念。ぜひ、これはみんな実際に乗り比べて判断して欲しい。

ダイハツキャスト 9月発売の理由を想像

ハスラー対抗車として注目のダイハツキャスト。確定ではなかったものの、当初8月と言われていたのが9月というのは意外に思った。なぜならダイハツのこういう車は8月発売が多い(ムーヴラテ・ムーヴコンテ・ミラココアなど)。夏に変り種、これを過ぎると年末に主力車種というパターンがダイハツには多い。どちらも9月の中間決算のカンフル剤として、3月のもっとも車が売れる時期に向けて新型車を投入する王道である。

でも、9月9日発売だと届出できる日数が2/3になってしまう。本当なら8月末に発売して、9月は1ヶ月めいっぱい届出したいはず。スタートダッシュでハスラーを抜きたいからだ。しかし、それでも9月9日にしたのは半年後に3月というためではないかと思う。ダイハツ車はスズキほどではないが、それでも50%はディーラー以外が販売。新型車が出るとたくさんの販売店に試乗車を配備しなければならない。これがだいたい6ヶ月か1年の契約となっている。ほとんどタダみたいな価格でリースをしてもらい、契約期間が満了したら返却か買取かを選んでもらうシステムである。

昨年11月に発売となったウェイクは半年後5月だった。車が売れる時期ではない。すると契約満了とともに大量のウェイクが返却されてしまった。販売会社(ディーラー)はその処理に困ってしまった。さらにオークション大量出品。相場を落とす失態も。これがムーヴやタントならそんなことない。ほっといても売れる車だから買い取られる。つまり、ウェイクは売れないと判断した販売店が多かったわけである。

そういうわけで変り種の発売時期には慎重になった可能性も。車がもっとも売れる時期である3月なら業売店としても試乗車を買い取る確率高い。キャストが欲しいという人は当然1人くらいはいるはずで、この車なら安くできるよと裁いてもらえる。買い取って売った方が圧倒的においしいためだ。したがって、1ヶ月前でも後でも返却率は相当違うはず。9月上旬というのはすごくいい時期に設定したなという印象。下旬だと納車が4月になるから車検切れや新卒の人の就職に間に合わない。2月末だとまだ買い替えが本格化しない。キャストの発売日にはそんな思惑もあるのかなと勝手に想像したところで或る。

新ジャンル? ダイハツキャストはどうか

ダイハツから新しい軽自動車「キャスト」が9月9日発売される。検索すれば内外装の画像も出回っている。大ヒットしているスズキハスラー対抗車をダイハツが準備!!の噂は伝わっていたが、1年9ヶ月での市場投入。これはハスラーを見て開発をスタートさせたと思われて仕方ない。基本的に中身が同じ軽自動車は2年以内に対抗車を投入できるからだ。しかし、さすがにためらいがあったと思われる。「スタイル」と呼ばれるシリーズを真ん中に置き、SUV風の「アクティバ」というシリーズ、そして「スポーツ」の3本立てで展開することになったのは予想外。なるほど!!「スタイル」を真ん中に置くことで、あくまでミラジーノの後継車であることをアピールする。なお、ミラジーノはダイハツコンパーノのオマージュらしい。

この「スタイル」はホンダN-ONEに似ているという指摘もある。はっきり言ってしまえば、N-ONEとハスラーのいいところを取ってきた車。しかし、ダイハツからすればN-ONEこそジーノみたいだということなんだろう。やられたらやり返す。それが大阪魂である。一方でジーノの後継と位置づけながらも、そもそもジーノの販売は特別多かったわけではないし、N-ONEも好きな人のための車になっている。だから本音は「スタイル」よりも「アクティバ」。なんとしてもハスラーを切り崩したい。それがこの車の使命である。ダイハツは昨年、ハスラーにかなりやられた。スズキが軽ナンバー1を奪還したのもハスラーのおかげだし、年度ナンバー1は死守するために半年くらいかなりの消耗戦を迫られた。おかげで未使用車があふれ、今年度の生産台数は散々なものである。自業自得であるが。ちなみに「スポーツ」はアルトターボRSのデビューを知ってからの企画だと思う。このくらいのことは半年でできる。ついでにこいつの対抗馬も用意しておこうということだ。確かにダイハツにスポーツ全面に出した軽はない(コペンは2人乗りなので除く)。

ただ、ダイハツがこの車を新ジャンルと呼ぶには相当無理がある。1車種で3つの顔を持つという意味では「新しい風」かもしれないが、ちょっと露骨に過ぎる。今の時代ユーザーも賢くなっている。ハスラーを超える売れ行きは難しいと思うがどうだろうか。何より今のダイハツ唯一にして最大の弱点がパワートレインの古さ。走りのストレスの無さではスズキやホンダに負けるし、実用燃費ではスズキの足元にも及んでいないのが現状。スマートアシストIIだって、3日天下で終わっている。そのため、今は価格や内装の良さで勝負するしかない。今回のキャストはハスラーよりも低価格で、インテリアのクオリティは明らかにスズキよりも上質に見える。そうした無党派層の心をつかむ点でダイハツは手強い。軽自動車を購入する層にとって大事なのはオリジナリティではないことをダイハツはよく知っていると思う。それにダイハツはトップバリューみたいなもの。ブランドというブランドもない。その辺りがなんとか生き残っていく危機感に迫られ、ブランド構築をせざるをえないスズキと、いざとなったらトヨタに吸収されればというダイハツの意識の違いにもなっている。

厳しい意見を書いたものの、私自身はキャスト嫌いじゃない。どこか田舎くささのあるスズキに対して、ダイハツの車はやはりちょっと都会的でキラキラして見える。軽は実用品だから車の成り立ち云々よりも出来が大事。ムーヴの乗り心地は素晴らしいものがあるし、これでエンジンやCVTが近い将来一新されて、スズキを超えて来たら、私はハスラーよりキャストの方がおすすめと言い出すと思う。もともと、ワゴンRに対するムーヴ、タントに対するパレット(スズキには両側スライドという提案が一応あったが)など、スズキとダイハツはお互いにトムとジェリーのようなもの。仲良くケンカをしながら、いい商品を作ってもらえたら、消費者として特に文句はない。

ウェイク買うなら6月以降!! 新車は損

昨年11月発売されたダイハツウェイク。タントより広大な室内スペースを武器に、タントアゲイン!!と意気込んだダイハツだった。タントだって発売した当初はこんなに広くなくてもいいでしょう!! 売れないのでは? と言われていたらしいが、あっという間にダイハツの屋台骨に。その成功体験から広ければ広いほど売れるはずという企画だったと思うが、なんでもやりすぎというのは良くないかもしれない。

発売から4月の販売台数は4万台強。月販目標5,000台だから達成している。売れてない部類ではない。でも、ダイハツはもっとドーンと反応があるんじゃないか。あったらいいなと期待していたはずだ。でも、やりすぎて重くなってしまいバランスがタントよりも悪かったり、個性的なデザインも影響してか1万台オーバーの月は今のところない。スタッフマニュアルでは1BOXからのダウンサイザーなど普通車ユーザーを取り込めと強調していたが、普通車に乗っている人は無理に軽にしようとは思っていないことがわかる。

私はウェイクが悪い車だと思わないし、その広さも必要な人にとっては魅力的だと思うが、これから購入しようと考えている人がいるなら、1ヶ月待った方がいいとアドバイスさせてもらいたい。中古車を検索してもらうとわかるが、ある検索サイトではウェイクの中古車・登録済未使用中古車が2,000台くらいある。発売から半年でこの台数はちょっと多すぎないかと思う。同時期に発売された新型ムーヴはカスタム合わせて200台くらい。10倍の差がある。これには理由がある。ダイハツはウェイクを発売するにあたって、まったくの新規車種ということあり、とにかく知ってもらうため、多くの販売店(業販店)に置いてもらうため、通常よりもかなり破格の条件で普段ダイハツ車をあまり売っていない販売店まで積極的に営業をかけて、初期受注を伸ばした。

通常なら新型車の未使用車がすぐに出回るのは良くないと思われるが、あの頃はスズキとの年間登録台数を競っていた頃。かなりむちゃくちゃなことをやっていたようだ。もちろん、販売店にとっても格安で仕入れることができるから、悪くない話。ハスラーの時にはあっという間になくなったという良い思い出もあってか、複数台注文を入れたところも多々あったはずだ。そのため、出たばかりのウェイクが街の中古車屋さんなどに何台も並んでいたという光景が見られたわけだ。だが、正直目論見どおりに行かなかった。このときに大量導入した車が売れ残っているのだ。登録しただけの車が大量にある状態。そろそろ売ってしまいたいということで赤字にならない程度の乱売もスタート。オークション相場も下がっている。

では、どうしてもう少し待てと言いたいかというと、6月には11月〜12月に大量に導入されたリースのデモカー(業販店の試乗車)が、これまた大量に返却されてくるからだ。人気車ならそのまま買い取られて店頭並ぶところ、売れる見込み少ないためほとんど返ってくる可能性高し。それでなくても未使用車がダブ付いているのに、デモカーが大量に戻ってくる。ダイハツの中古車部はアタマを抱えているはず。持っていても仕方ないからオークションに大量出品するか? そうなると相場は下がってしまい赤字になってしまう。でも、店頭に何十台も置くわけにいかない。よって、6月以降はたくさんの試乗車上がりの車や登録済の車をなんとかさばいてしまいたいという気持ちでいっぱいになることだろう。

そんなこともあってか、4月の登録はムーヴやタントと比較しても大きな落ち込み。3,000台を切ってしまった。おそらく新車よりそうした車を積極的に薦めている可能性がある。ウェイクを買いたい人は、そうした車を狙うと非常にお買い得な買い物ができるだろう。160万円以上の車だが、130〜140万円くらい。しかも、純正ナビ付などがゴロゴロある。大量のウェイクに悩んでいる頃、6月中旬以降あたりから購入に動き出すことをおすすめする。少々無理な条件も受け入れてくれる可能性高い。

新型ムーヴカスタムのクオリティにびっくり!!



「軽の域を超える」なんてもう使うもんじゃない。何をもって軽の域としていたのかもわからないが、言えることは軽自動車の評価はもう「軽」というカテゴリーの中にあるなんて関係ない。そんなことを考えさせてくれたのが、新型ムーヴカスタムだった。

新しいムーヴの走りは、排気量が660ccであること以外、その乗り心地や走り味はなんら小型車と劣るところがない。それどころか、これ以上のクオリティを持っている小型車がどれだけあるのだろうかと考えさせる。マツダデミオやスズキスイフトあたりくらいじゃないか。つまり、ダイハツは軽の領域を超えて、小型車と対等に戦える商品よりも、さらにその1段上のプレミアムだとか、高級という領域まで目指していることをはっきり実感する。

タウンカーとして上質な軽はたくさんある。ワゴンRをはじめ、ホンダN-WGN、三菱eKワゴン。どれも十分快適で満足。でも、この中で一番デビューが早いスズキのワゴンRは、このムーヴの前においては、もう古い。たった3年しか経っていないのに、軽の評価基準や進化が桁外れに進んでいくことに驚きを隠せない。

このムーヴに乗ると、ターボを選べばこれ1台で十分だと思う。今までだって性能的には問題なかったものの、やっぱり軽は軽。乗り心地や静粛性、長距離走れば疲れてしまうだろう。そんなことからやっぱり普通車も持ってないといけないという人もいたと思う。でも、このムーヴカスタムならそんなことも思わなくなるだろう。かなり高い満足感を得られる。

ダイハツは実質的に軽自動車専業メーカーになっている。それがいい意味でプラスとなっているのではないか。つまり、ホンダやスズキより上位の車を意識せず、軽をどんどん普通車以上のクオリティに引き上げることができる。タントの影に隠れて、少し地味な存在になっていたムーヴだが、やっぱりダイハツ車はムーヴから変わる。これからのダイハツ車の展望。これはとても期待ができる。

新型ムーヴは室内の質感の高さや、スマートアシストIIの採用など、商品力としても魅力的だし、内装などミディアムクラスの車に匹敵するものがあるが、私が衝撃を受けたのはやっぱり走りのクオリティ。ボディの剛性が高くなったとか、いろいろな理由はあるだろうが、それでも販売価格が150万円の車でここまでできるというのは何よりの証。トヨタは何をしている!!と叱咤したい気持ちでいっぱいだ。これより好ましい足回りを持ったFF車って、カムリとかSAIクラスまで行かないとダメ。豊田社長はマツダと提携するのもいいが、ダイハツの技術者にも教えを請うといいと思う。

とはいえ、唯一残念なのがエンジンだろう。KF型もそろそろ10年選手であり、度重なる改良をしているものの、開発年次の新しいスズキやホンダのエンジンと比較すると、燃費はそこそこいいものの、低速トルクが細い。3,000回転以上回さないとあまり走らない。スズキやホンダのエンジンは3,000回転以下のトルクがしっかりあって使いやすい。それを補うためか、ステアリングに「D-アシスト」と呼ばれるパワーボタンがある。このスイッチはCVTのSモードと同じという声もあったが、そうでもない。その中間という感じ。アクセルの反応を良くして回転を少し高めに保つ。このスイッチを入れればまぁまぁ不満がなくなるし、巡航状態に入ったときにすぐにOFFにできるので手間がかからない。ホンダもECONボタンをステアリングに付けるといいと思った。

結論から言えば、この車に新開発のエンジンが搭載されたら、きっと他社よりも二歩くらい抜き出るなということ。そして軽にしておくのがもったいない思い。例えば、このくらいのレベルならば1.0Lエンジンとか800ccのターボなんかが載った登録車バージョンが出ても十分魅力があるし、ライバルと戦えると思う。この車の登場はライバルにとっても、刺激的なものだろう。今後がますます楽しみになってしまうと同時に、「小型車しっかりしろ」という思いになった。
1
pagetop