June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

EVとPHVの共存

EV(電気自動車)はまだ少数派。量産車として販売されているのも乗用に限れば日産リーフと三菱のi-MiEVくらいで、販売台数から考えてもEV=リーフと言ってもいいと思う。ここに最近登場しつつあるのがPHV(プラグインハイブリッド)。これは従来のハイブリッドカーの電池容量を増して、電気だけで走れる距離を伸ばしたもの。電池があればEV、無くなれば普通のハイブリッドカーとして使えるのが売りである。EVの航続距離に不安が残る中では、非常に有意義なシステムなのは間違いなく、それはそれで進化していくべきものだろう。

ただ、PHVが増えてくると困るのがEV。三菱からアウトランダーPHEVが登場したことにより、急速充電器を使うPHEVが増えてきていることが、電気自動車ユーザーにとって死活問題となるケースもある。つまり、本来電気で走り終えたらガソリンハイブリッドカーとして走り続けることができるPHEVが充電していることで、電気が無くなってしまうと走ることすらできなくなるEVが充電できない事態。やはり、どちらを優先するかといえば、EVの方であり、PHEVは遠慮すべきだろうと思う。この点、トヨタはプリウスPHVに急速充電機能を付けていない。やはり見識があると思う。

しかし、アウトランダーのような車を否定しようとは思わない。こうした車もどんどん出てくるべきことだし、技術的にもコストパフォーマンスという面でも相当に三菱はがんばっていると思う。それにPHEVに乗っていたら、充電したくなるのもユーザー心理であり、それにも理解できる。だが、一定のマナーを守りたいところ。でも、まだそれが売る側も買う側も十分認知していないのだと思う。新しい物が出てきた時には、こういうことはあると思います。私もアウトランダーPHEVを借りて一泊の旅に行ったが、急速充電器を使わせてもらった。最低限のマナーとしてEVがいないことを確認すること、あるいはEVが来たら譲れるように、常に車に待機しておく。幸い山陰のような田舎ではEVはほとんど普及しておらず、深夜ばかり走ったため、通る車はなく、迷惑にはならなかったと思うものの(100%とは言えないが)、自分の車として毎日使う場合に、ここまでいつもできるかという気がした。

一番は、やはり充電設備がまだまだ少ないことを痛感。いろいろと調べて一番いいルートを選ぶところから、スマートフォンなどで調べて、やっていると書いてあっても行ったらやってないとか、24時間ではなく、夜の7時くらいで閉まってしまうところもあった。そうなると田舎では夜間は道の駅か(数少ない)、日産・三菱のディーラーに限られる上、そこまで行くとすると、大変な遠回りになるなど、EVユーザーの苦労を実感したという点で、非常に意味のあるものであった。もしも、アウトランダーを借りなければ、そこには気づかなかっただろうと思う。結果的に私がアウトランダーPHEVに乗って考え至ったのは、遠出の時には充電なんて考えないのが一番ということ。普通のハイブリッドカーとして使えばいい。私のような気が短い人間には、こういう旅は向いてない。普段の街乗りのためにPHEVを使うのが一番精神的にもいい。

それでも世の中の一部に心底ケチな人はいる。そういう人に限って他人のことなど考えない。だが、そういう人のおかげでPHVとEVは充電設備を分けるなど、対策を講じる必要も出てくるとしたら、結局多くのマナーのいいユーザーまで不便になってしまうことになる。三菱は(だけではないけれど)、ユーザーに対する啓蒙活動にも熱心になって欲しい。私はPHVユーザーも急速充電設備を使っていいとは思うけれど、車から離れることはしない。あくまで空いていたらEVが来るまで使わせてもらうという認識。日産ディーラーには行かない。アウトランダーPHEVが購入できて、環境に対する意識の高い人ならば、このくらいの美意識を持って乗って欲しいと思うし、それがわかりやすい言葉で言えば「かっこいい」という雰囲気作りも自動車業界あげて推進していく必要性があると思う。

comments

管理者の承認待ちコメントです。

  • -
  • 2017/04/26 4:06 PM

再開されてたんですね。いつも楽しみにしていたので有難うございます、というのが本音です。

リーフの1週間リースに当たって山口県から出雲大社までドライブしたことがあります。
往復350kmで計5回急速充電しました。5回目の充電時には嫁がまたあ?としびれを切らす始末。ドライブ派にはきついなというのが感想でした。
道の駅多岐では充電箇所に別のリーフが・・・
今からなのか、終わったところなのか?
残念ながら前者であり、合わせて1時間以上かかったということもありました。おかげで施設内のパン屋でいろいろと買いました。

急速充電施設はスーパーにも設置され始めましたので
充電が身近にはなりますが、やはり遠出には向きそうにはありません。あくまで往復100kmくらいが安心できる距離かと思います。
 できれば電池半分で通勤専用の軽サイズが出ればと思います。これが理想のEVではないかとさえ思ってます。
田舎ではガソリンスタンドがなくなる方向ですし・・・家で充電できれば燃料だけ入れに行くという手間もなくなりますし。

これからも無理をされず、がんばってください。応援しています。

  • ノーマルマン
  • 2015/03/08 7:17 PM

管理者の承認待ちコメントです。

  • -
  • 2015/03/02 1:57 PM
   

trackback

pagetop