May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

もらい事故での賠償責任判決について

先日の福井地裁判決が話題となっている。巻き込まれた事故、もらい事故であっても無過失であることが証明できない限り、賠償責任があるとして、法的責任のない対向車に4,000万円の損害賠償を認めた判決である。これは車の所有者が他人(知人なのだろう)に車を運転させていたところ、運転者がいねむり運転をしてしまい、対向車線にはみ出した結果、助手席に乗っていた所有者が不幸にも亡くなったしまった事故である。

世間では巻き込まれた側である対向車にも賠償責任があるという判決に疑問の声が噴出。普通に考えれば、一方的に相手の車が自分の車線に侵入し、突っ込んできた挙句、過失がなかったと証明できないなら、賠償する義務はあるというのは、あまりにも無理があり、どう考えてもおかしな判決。納得できないと国民が思うのも当然である。私もこんなとんでもない判決がまかり通るのはたまったもんじゃないと考える一人です。

しかし、もう一歩マスコミがあまり議論していない部分について考えたい。今回の判決は、まず遺族の補償を最優先した判決と想像できる。この判決のポイントは自動車損害賠償保障法について争われている点。つまり、対向車の運転者がどうというよりも、対向車の運転者がかけている自賠責保険の引き受け会社に対して、払いなさいと命じている判決と見える。したがって、対向車の運転者に違反があったとは認定していない。だから行政処分や任意保険での賠償義務までは命じられていない。

なぜこういう判決が出たのか。自賠責が出ない場合で調べていただくと、まず第一に「加害者に責任がない場合」という記載が出てくる。今回の事故は自身の任意保険が家族限定であったため、保障の対象外となる他人を運転させた場合には、自分に対する補償はまず出ない。また、運転していたのが大学生ということから考えると、彼もまた自動車保険に加入しておらず、他車運転特約等で賠償することは不可能であったと思われる。つまり、どちらの保険もないということは、対向車の自賠責が遺族にとっては最後の砦であった。もっとも、このような裁判の一番の原因は、自身の保険内容を知ってか知らずか、他人に運転をさせた所有者にあることは間違いないが、亡くなってしまった以上、責めることはしないのが日本人である。

今回の判決で賠償命令が出たということで、自賠責保険から上限の3,000万円が出る見込みになる。そして残りの1,000万円は保険会社が立て替えるそうだ。この点は、私も懇意にしている保険会社の営業さんに確認したが、対向車のドライバーが自分の保険を使うことはないという。ここが少し世間で誤解されているところ。法的には過失がまったくないため。いわゆる100:0の事故という扱いになる。つまり、対向車の運転者は自分の保険で賠償する義務はない。しかし、賠償命令が出た以上は保険会社が肩代わりし、遺族に支払った上で、運転者であった大学生に1,000万円を請求することになるそうだ。

つまり、対向車の運転者に対しては行政上の処分もなく、保険を使うこともない。でも、過失ないと言い切ると最後の砦の自賠責もダメになってしまうから、ちょっと自賠責に関しては目をつぶって欲しいという判決だったといえる。そのため判決は「過失があるともないともいえない」というものすごく消極的な表現となった。というよりも、裁判官として「ないと言いたくない、かわいそう」という私情が入っているようにも思える。そういう意味では、公平な裁判であるかどうかという点では、疑問が残るものである。ただ、強制加入である自賠責保険のあり方については、一定の問題提起にはなったと思う。みんなが平等に強制的に払わされている保険であることを考えると、亡くなった場合の賠償については、良い悪いを超えた別の補償枠のようなものがあってもいいのではないかとは思う。

ただ、対向車を運転していた人は気の毒であるし、納得できないと思う。遠まわしには責任あったと聞こえる。曲がりなりにも裁判所が出したのだから名誉回復には相当な労力を要するだろう。事故に巻き込まれただけでも大変な迷惑だったはずである。また、この人の車は賠償されていない可能性がある。そうなれば、結局自分の車両保険で補償するか、車両保険に入ってなければ全額自腹で負担するしかない。ただ、対向車の(運転者の)ケガの治療や休業補償などは、亡くなった所有者の保険から賠償されていると思う。あるいはもしかしたら大学生のケガの補償もされている可能性はあると思う。とすれば、遺族はなぜ亡くなった彼だけに何も無いのかというやりきれない思いが出てくるのは、自分の家族だったらと思うと、わからないではない。これは想像に過ぎないが、そういうことからの裁判だったかもしれない。例えば、これも世間で誤解されていることだが、クスリや飲酒運転で事故を起こしても対人賠償は出る。事故を起こした本人に対しては一切出ないが、保険という商品は対人については、契約内容より人道的な配慮で、被害者や遺族保護の観点が重視される性質が日常的にあるという認識は、この判決を見る上で参考になるかもしれない。

comments

   

trackback

pagetop