March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

新型ラパンは男性厳禁 ?

ラパンの受注がそろそろ終わり、在庫のみの販売になるとのこと。早ければ6月上旬(一説によると6月3日)にはモデルチェンジがあるかもしれない。当初は8月頃かと言われていたが、軽自動車の販売落ち込みもあり、前倒しとなったかもしれない。

新型ラパンは、基本的にはアルトと今どきの言葉で言えば、アーキテクチャを共用する。大幅に軽量化された車台に、大幅改良が加えられた新型R06A型エンジンなどが流用されて、骨格を含めてかなりの部分はアルトのままなのではないかと予想。もともとアルトの派生車種ということもあり、これにラパンらしい内外装が組み合わされるモデルとなるだろう。燃費も37.0km/Lに近いものが期待され、軽量なことからS-エネチャージの採用は、まだ先なのではないかと思う。また、5AGSなどの特異なシステムは、女性向けモデルということもあり、採用は微妙なところ。ターボもあるかわからないが、初代からずっと設定していたので、引き続き設定される可能性はあると思う。

今回の新型の注目ポイントは「男性厳禁」。ハスラーあたりからスズキの開発体制は大きく変わったらしい。これは先日のテレビ番組等でも伝えられているように、チーフエンジニア第一主義に改革が進んでいるようで、あの鈴木修会長はどうか知らないが、基本的には役員であっても、まとめ役には口を挟むということができないというか、話なんて聞かなくてもよいことになったという。そうしたこともあって、ハスラーやアルトなど自由な発想の挑戦的な車が本当に登場するようになり、ハスラーはヒット。アルトも歴代最高の話題性を得ている。一定の成功はしていると言えるだろう。

新型ラパンの「男性厳禁」は、その発案者第一主義の第三弾。なんとデザイナーどころか、技術を担当するチーフエンジニア、営業戦略や広告などの販売担当まで、全員女性だけで作られたという。男は一切口を挟まないという条件で作られた車という点では、日本の自動車業界としては今までで初めてじゃなかろうか。先日、26歳の若きリーダーが話題となったホンダS660だが、ラパンは100%女性チームという点で話題になるだろう。

そう考えるとスズキとしてもチャレンジングすぎて、少し不安だったのではないだろうか。女性のみで作って失敗してしまったら、せっかくのいいチャレンジも尾を引く可能性がある。そうしたこともあって、2年前にモデル末期に突如として「ラパンショコラ」を登場させたのは、新型ラパンのリサーチのためだった可能性が高い。なかなか好評だったので、この路線で行こうということになったのか、新型ラパンのデザインはショコラに近いものが基本らしいが、今までのユーザーのためにも四角いライトも用意されるのではないかと考える。

こんなラパン。男性は買いにくいが、買えないことはない。男が考える女性向けよりも、案外女性が考える女性向けの方が逆に男にウケたりするかもしれない。そういう意味では、男にとっても楽しみな1台といえる。


※追記

こちらの記事は信頼できる方からの情報であり、書かせていただきましたが、女性中心での企画・開発を強調するあまり、まるで女性しか開発に関わっていないかのような表現にも見え、誤解を与えてしまう部分があったかもしれないと考えています。もちろん、自動車の開発は多くの人が関わりますので、男性も多数参加していると思います。しかし、責任者をほとんど女性のみで占めたという点で話題性があるという意味で、書かせていただいておりますので、ご理解ください。

comments

   

trackback

pagetop