July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

MR16DDTとはなんだったのか



国内の主要なメーカーでは下火になっていたターボエンジン。2002年の排ガス規制の強化で耐えてしまって以降、スバルを除いては普通の車にターボが搭載されることはなくなってしまっていた。

そこに一石を投じたのが日産だったことを覚えているだろうか。今からもう5年前の2010年に発売したジュークに、1.6Lターボを搭載し、久しぶりの国産新型ターボとして話題になったのもいまや昔。1.6Lという排気量ながら、2.5L並みの出力とトルクを発揮し、2.0L並みの燃費というこのエンジンは次世代ターボエンジンとしての将来性はあったし、いよいよダウンサイジングターボが国内にもという車ファンの期待も背負ったものであった(と思う)。

私は、5年くらい前にここで、早くこのエンジンをエルグランドやティアナに搭載すべきと記したことをよく覚えているが、国内では残念なことにジューク以外に搭載事例はなく、そういえばそんなエンジンがあったなぁという程度の実に存在感のないものになってしまった。

そうこうしているうちに、有名フリー百科事典ではダウンサイジングターボの国内での初採用がスバルレヴォーグの1.6Lターボと書かれてしまっている。その後がトヨタの2.0L(8AR)、1.2L(8NR)と続き、ホンダもステップワゴンで採用と続く。最後にノートに搭載されているエコスーパーチャージャーについて書かれているものの、力作だったと思われるMR16DDTはもはやその存在すら無視されてしまっている。

日産の出し惜しみの失敗は枚挙に暇がない。いつもいつも先んじているのにケチケチして一部の高級車や最上級モデルにだけ設定したまま拡大しないうちに、トヨタやホンダが我が物顔で広めてしまう。結果、日産は幾度となくチャンスを逃してきた。ゴーン体制になっても、まだこの体質は変わらないようである。日産ファンも残念がっているのではないだろうか。日産は他社よりも早くからハイブリッドだけでなく、ターボやスーパーチャージャー、クリーンディーゼルにEVと幅広く技術開発をしており、持っているものはトヨタやホンダより可能性を秘めていたはずだ。しかし、ホンダがこの5年で急激な追い上げ。そしてトヨタも負けじとハイブリッド以外にも力を入れ始め、あっという間に抜き去る勢いだ。

今からでも遅くない。このエンジンをエルグランドにまず搭載すべきだ。確かにライバルは強すぎる。でも、こんなに大きいのに1.6Lというのはインパクトが大きいと思う。先日安易な値下げを行ったが、もっと違った魅力を打ち出して振り向いてもらえるような商品作りをお願いしたい。

comments

   

trackback

pagetop