July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

新型ラパン 最速レポート



新しいラパンがデビューした。今回のラパンは以前お伝えしたように、企画・デザイン・開発が女性主体で行われた。キーワードは「男性厳禁」。開発にあたっては男は口を挟まないのが決まりだったという。

新型は丸目のライトのみ。外観は見ての通り今までよりも男性は乗りにくい雰囲気になった・・・。ただ、アルトが男っぽいデザインになったので、ラパンは思い切れた。セールスポイントは室内で「自分の部屋」がコンセプト。インパネはテーブルをイメージ。「S」以上のグレードは明るい木目でおしゃれなカフェにいるような気分に。こういう木目の使い方は今までなかった。素直に感心。なお「L」以下のグレードは木目ではなく濃い茶色のテーブルになる。

用意されるグレードは4タイプ。エントリーモデルの「G」は998,000円(税別)。先代の「G」4AT車と同じ価格。それでいてESP・レーダーブレーキサポート・シートリフター・チルトステアリング・IRカット機能付フロントガラスが追加されているから、実質値下げされている。ただ、トランスミッションが5AGSとなる。「L」は+115,000円(税別)。副変速機構付CVT・アイドリングストップ・エネチャージなどに加えて、電動格納式ミラー、プレミアムUVカット&IRカットフロントドアガラス、運転席シートヒーターなどが付いている。上位グレードの「S」は+77,000円(税別)。ディスチャージヘッドライト・オートライト・リヤワイパー・本革巻ステアリングなど追加。価格差分の装備はある。エクステリアもAピラーとBピラーがブラックアウト化されていて、2トーンカラー仕様も選べる。最上級「X」は+97,000円(税別)でナノイー搭載フルオートエアコン、アルミホイール、ターンランプ付ドアミラー、6スピーカーなど付く。これはちょっと高いかなという印象。ただし、ボディカラーによって3色のシートカラーが選べるようになっているから女心を掴むかもしれない。新型は飛びぬけてお得なモデルはないが、どれもそこそこ。予算に応じて選べばいい。売れ筋は「S」か「L」になるだろう。5AGSが許容できるなら「G」が内容の割りに安いと思う。

室内の質感はアルトと比較すれば数段いい。似たような装備同士で比較するとアルトより20万円くらい高くなる。内外装の質感や静粛性にお金をかけていて当然だ。アルト「X」に乗っている私も気になっていた車だが、同等以上の装備を求めると「X」を選択せざるをえず、そうなるとアルトターボRSより高い。この3台で悩む人は想定していないだろうが、いいなと思った点がある。それがドライビングポジションなのであった。

新型アルトは性別問わないデザインで男も乗れる点はいいのだが、ドライビングポジションに関してはあまり男性を重視していない。小柄な年配女性。ステアリングを抱きかかえるような乗り方をする人を考慮している。そのため、ペダルに合わせるとステアリングが遠く、ステアリングに合わせるとペダルが近すぎる。シートリフターがあっても高い方向ばかりで、大して低くならない。私の体型では好ましいところが見つからない。先代はそんなことなかったのに、ここが私の一番の不満点である。テレスコピックが必須。でも、新型ラパンは身長が160以上の今どきの女性も乗ることを考えている。シートもけっこう下がる。男性が乗ってもドライビングポジションがいいところに設定できるし、よりセダン感覚で乗れるのだ。内外装は別としてこの点はすごくうらやましいところである。ぜひ角目で内装はダークグレー。バーカウンターのような赤木目調テーブルというような男向けラパンが欲しい!!

早速試乗させてもらったが、これはほとんどアルトそのもの。まさにアルトのラパン。もっとキャラクターを変えているかと思ったが、意外なほど同じ。違うとすれば静かさくらいだ。先代よりも120kgも軽量になっているから、走りはHE22Sと比べたら大幅進化。燃費も大幅進化。買い替える人は大満足するだろう。しかし、アルトユーザーが悔しがる点はあまりない。乗り心地はアルトの廉価モデルよりは1段いいが、スタビライザー付で15インチタイヤ用のショックを採用している「X」の足回りと比較すると質感には違いないと思う。もしかしたら同じショック? と思うほど。ただ、14インチタイヤなので少しだけマイルドに感じられる。性能は重量からして同じ。ただ、アルトの上位グレードと違って、全車スタビライザーが付いていない。これくらい付けてくれと思うが、乗っている間は気になることなく、しっかりとした走り味であった。ただ、山坂道では15インチまで履いているアルトの方がしっかりとした走りを見せるだろう。

新型ラパンは内外装など女性視点の魅力、女性ウケ。そんなところがクローズアップされそうだが、近年のスズキの軽と共通して走る・曲がる・止まるというところ、走りの軽快さ、しっかり感、実用燃費の良さなど、車としての基本がしっかりとしているから安心して女性に薦められる。とてもいいことだと思う。ミラココアと迷っている人がいたら、ぜひ一度乗ってみて欲しいと思う。

comments

管理者の承認待ちコメントです。

  • -
  • 2015/07/01 9:34 AM
   

trackback

pagetop