July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

案外普通だった新型ソリオ



新型スズキソリオの情報が解禁。こちらの画像は私が許可を得てスキャンしたもの。転載ではありません。スズキのお店も堂々と載せているので、そのままティザーリーフレット掲載します!!

今度のソリオどうだろう。私は「うーん普通!!」が第一印象。似た声は多く聞こえる。みなさんアルトのイメージ強すぎか。よく考えれば、スズキの実用車(ワゴンR・スペーシア等)って普通な形が多い。おそらくソリオはスズキ自身も想定より売れたと思っているはず。幅が狭かったのでパレットSWの小型車バージョンに見えてしまう面があり、それが災いするか、逆に評価されるかというところだったが、結果は後者。最後まで月間2,500〜3,000台という安定した販売。よく売れたと思う。

そこで新型も5ナンバーいっぱい幅を取った小型車と軽の中間的な存在という立ち位置を踏襲。全長・全幅ともに現行と同じらしい。その代わりルーフを2cm低く、ホイールベースを伸ばして、現行よりバランスいいスタイリングになった。居住性も損なっていないだろう。しかし、どっかで見たようなデザインに見える。ミニバン・軽自動車ではこういう2通りのラインナップをするのは一般的であるが。

新型ソリオは次世代軽量プラットフォーム第2弾を初採用。アルトで驚きの軽量化を実現したスズキ。今回現行ワゴンR以降のスズキグリーンテクノロジーと軽量化を1から展開した初めての小型車となる結果、現行より100〜120kg軽量になり、販売メインのマイルドハイブリッド車で950kg。4WDでも990kgとすべて1t未満。この重量はパレットSWターボ車より20kg軽い!! エンジンは新開発K12C型を搭載。細かくは不明ながら、新型アルト以降のR06A型同様、さらなる高効率化・軽量化が実施されていると思う。これに軽でおなじみ「S-エネチャージ」が組み合わされる。モーターアシストはスペーシアと同じ最大30秒間。今回は軽自動車ではないので、スズキもようやくこのシステムを「ハイブリッド」と大々的に謳う。燃費はFFで27.8km/L。ストロングハイブリッドのアクアやフィットと比較すると見劣りするも、価格的にはガソリン車に近い。そちらと比較すればパッソの27.6km/Lを超え最高となった。

さらに、スズキは新型ソリオにモーターだけでも走行できるストロングハイブリッド仕様を追加するという。概要はわからないが、発売は1年以内。マイルドじゃないと言うからにはホンダのIMA的なものではないと考えられ、薄型モーターをCVTに挟むようなシステムになるのではないかと予想する。私の価格予想は税込185万円〜。マイルドハイブリッド「MX」(最多量販グレードになると思う)が税込169万円。+15万円程度のところで出してくるのではないかということ。スズキは謙虚な会社でハイブリッドといえどトヨタと同じ価格で売れるとは絶対考えていないから、シエンタハイブリッドとあまり差が感じられない価格設定(200万円オーバー)はありえないと思う。もし、185万円くらいなら高性能な自動ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」と「全方位モニター付ナビゲーション」を付けても200万円ちょっとで買える。これならインパクトある。なぜなら、シエンタに今時欲しい装備をオプションしてナビや自動ブレーキを付けていくと300万円になってしまう。ポルテだって250万円くらいになる上、自動ブレーキの設定なし。

ソリオはこのストロングハイブリッドモデルの追加でようやく本格的な勝負ということになると思う。個人的にはこれが出るまで待ちだと思っている。でも、マイルドハイブリッド仕様も割安感はあり、実用燃費も20km/Lは出るだろうから、町乗り中心の人には、ストロングハイブリッドまでは必要ない。
pagetop