September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Honda SENSING は飾りか

自動ブレーキといえばスバルの「アイサイト」の存在。あれだけ多機能で高性能な自動ブレーキと、追従クルーズコントロールなどのパッケージを+10万円という低価格で選べるようにした驚き。そのインパクトはものすごく、これがあるからスバル車を買うという人も続出したほど。間違いなくスバルは新しいユーザーを多数獲得し続けている。これによって、それまで安全装備にお金を払わなかった日本人のクルマ選びに良い影響を与えた功績は、現在も評価されているが、将来的にはもっと大きく評価されると思う。

それと合わせてダイハツの功績も大きい。2012年12月にムーヴに「スマートアシスト」を採用。こちらは時速30キロ以下に限定した簡易的なものではあるが、スバルの半額の+5万円で実現させてしまった。なんせ自動ブレーキが軽に付く日が来ると、誰も思っていなかっただけにこのインパクトはすごかった。一気に全メーカーが採用し、セールスポイントにするきっかけを作ったのは、スバルよりダイハツだと思う。

あれからもう3年が経つが、こうしたシステムも第2世代になって来ている。スバルは「EyeSight ver.3」を発売。ダイハツも単眼カメラを併用する「スマートアシストII」を、スズキは「デュアルカメラブレーキサポート」を相次いで発売。自動ブレーキに遅れをとっていたトヨタも今年ようやく「Toyota Safety Sense」を世に送り出した。その中で、ホンダも時代の流れに乗って、他社と同様なレーザー式の「シティブレーキアクティブシステム」を販売。そして次世代の「Honda SENSING」を採用している。これはミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた最新のシステム。追突軽減ブレーキはもちろん、車線逸脱警報・ふらつき警報・誤発進抑制制御・歩行者検知・先行車発進お知らせ・アダプティブクルーズコントロールなどフルスペックの内容。さらに、標識認識機能というものも付いている。

しかし、不可解なことがある。このシステムの搭載車種は、レジェンド・ジェイド・ステップワゴン・オデッセイと拡大しているのに、半年が経過してもまだJNCAPの試験を受験していない。最近発売された「スマアシ2」のタントや、「デュアルカメラブレーキサポート」を搭載したスペーシア、そしてトヨタの新型シエンタも、もう試験結果が出ているのに、ホンダだけはこれを受けないのだ。ちなみに、この試験はメーカーが自主的に持ち込むもの。つまり、やってもやらなくてもいいというもの。自信があるなら当然早く試験して性能をアピールする。しないということは、結果が出ては困るからと考えるのが自然。

レジェンドは、問答無用に試験されるアメリカでは、なんと20km/hですら停止しなかったという。つまり、付いているものは立派だが、実質的には進化していないと言ってもいい可能性がある。もちろん、私もステップワゴンに乗って、標識認識の精度の高さ、アダプティブクルーズコントロールの便利さなど実感。無駄なものと言うつもりはない。たとえ、停止しなくても減速するのであれば、あった方がいいに違いない。

けれど、現状では怪しまれても仕方ない。最近ホンダからはいい話題を聞かない。実際、このシステムもフィットハイブリッド同様に見切り発車したと証言している技術者もいる。だとしたら、ホンダはカタログを飾り、車を売るためにユーザーに未完成のものを売りつけたことになる。これがトランスミッションとは違い、ユーザーが不具合を実感しにくく、効果も試せないものであるから、なおさらそれが本当なら悪質だと思う。ホンダファンの方には申し訳ないが、違うというなら早く試験を受けて真実を明らかにして欲しい。

trackback

pagetop