March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ダイハツキャスト 9月発売の理由を想像

ハスラー対抗車として注目のダイハツキャスト。確定ではなかったものの、当初8月と言われていたのが9月というのは意外に思った。なぜならダイハツのこういう車は8月発売が多い(ムーヴラテ・ムーヴコンテ・ミラココアなど)。夏に変り種、これを過ぎると年末に主力車種というパターンがダイハツには多い。どちらも9月の中間決算のカンフル剤として、3月のもっとも車が売れる時期に向けて新型車を投入する王道である。

でも、9月9日発売だと届出できる日数が2/3になってしまう。本当なら8月末に発売して、9月は1ヶ月めいっぱい届出したいはず。スタートダッシュでハスラーを抜きたいからだ。しかし、それでも9月9日にしたのは半年後に3月というためではないかと思う。ダイハツ車はスズキほどではないが、それでも50%はディーラー以外が販売。新型車が出るとたくさんの販売店に試乗車を配備しなければならない。これがだいたい6ヶ月か1年の契約となっている。ほとんどタダみたいな価格でリースをしてもらい、契約期間が満了したら返却か買取かを選んでもらうシステムである。

昨年11月に発売となったウェイクは半年後5月だった。車が売れる時期ではない。すると契約満了とともに大量のウェイクが返却されてしまった。販売会社(ディーラー)はその処理に困ってしまった。さらにオークション大量出品。相場を落とす失態も。これがムーヴやタントならそんなことない。ほっといても売れる車だから買い取られる。つまり、ウェイクは売れないと判断した販売店が多かったわけである。

そういうわけで変り種の発売時期には慎重になった可能性も。車がもっとも売れる時期である3月なら業売店としても試乗車を買い取る確率高い。キャストが欲しいという人は当然1人くらいはいるはずで、この車なら安くできるよと裁いてもらえる。買い取って売った方が圧倒的においしいためだ。したがって、1ヶ月前でも後でも返却率は相当違うはず。9月上旬というのはすごくいい時期に設定したなという印象。下旬だと納車が4月になるから車検切れや新卒の人の就職に間に合わない。2月末だとまだ買い替えが本格化しない。キャストの発売日にはそんな思惑もあるのかなと勝手に想像したところで或る。
pagetop