July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スペーシアのDCBS 装着率は低め?

5月のマイナーチェンジでステレオカメラ方式の自動ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート(以下:DCBS)」を設定したスペーシア。JNCAPテストで50km/hでギリギリ停止。厳密には少し触っているのだが、これなら十分止まったと表現していいレベル。この性能を持っているのは軽自動車ではスペーシアだけだし、普通車を見渡してもスバル車以外では多くない。

この自慢すべきDCBSだが、思ったほど販売に結びついていない様子。おそらく、ユーザーには既存のシステムとの違いをイマイチ認識もらえていない。どちらもCMでは似たような映像。販売現場できちんと説明できているのかも不明。スズキ車は田舎の整備工場で売る場合も多い。また、大きな要因は価格だと思う。軽自動車で75,600円は大きく思える。そもそも安いグレードを選ぶ人は選ばないだろうし、高額モデルのカスタムは本体価格が高い。ナビとかあれこれ付けて見積りしてみたら、結局なしを選ぶ人が多いようだ。確かにカスタムを選ぶユーザーは、先入観もあるかもしれないが、そういうものより他にお金をかけたい人が多いかもしれない。

ただ、ここで注目したいのはダイハツ。ムーヴやタントの「スマートアシストII」は、同じ75,600円だが、装着率はそんなに落ちていないように思う。後方の衝突防止支援など、わかりやすい性能向上もうまいが、やはりダイハツを選ぶ人の方が流行に敏感に見える。その上、どうせ買うならとあれこれ付けてくれる人も多い印象。大画面ナビや後席モニターなどがよく付いているのもそういうところがあるからだと思う。値引きはあまりせず、高額な用品も付けてくれる。販売店としては良いだろう。2000年代以降、ダイハツは上級感や派手さをアピールしてきた。そういうイメージ戦略は成功していると言える。

反面、スズキ車を買う人は価格にうるさい。双方同じ軽主体メーカーでもユーザー層が少し違う。ダイハツよりスズキの方が安いグレード比率が高い。ナビを付ける人もそこまで多くなかったりする。ダイハツより田舎で多く走っているというのもあるだろう。レーダーブレーキサポートは4〜5万円だったから、ワゴンRあたりでは装着率が60%くらいになったものの、7万円だと話が違ってくる。それでスタッドレスタイヤが買えるという話になってくるのだ。せっかくの性能向上も、装着率を下げる結果になっては本末転倒。今後、デュアルカメラブレーキサポートをワゴンRやハスラーに展開するには、まだ超えなければならないハードルがありそうだ。そのためにはソリオで装着率を上げることが肝要になる。
pagetop