April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

RBSが初めて作動

昨日の夕方、帰宅する時のこと、突然ギギギーっと。あまりに突然のことで、何か引きずったか?と不安になったが、なるほど追突軽減ブレーキが作動したのであった。初めてのことだから少し驚いた。言ってみれば、結果的に必要なかった作動。運転者は危ないと思っていないから余計にびっくりする。

状況としては、とてもギラギラとしたテールランプの車が左折のために減速。こちらも減速。ほとんど車が左折したので、ちょっと追い越し気味に走り出そうとしたところ、残光もあって前方にまだ車がいると考えたのだろう。衝突被害を軽減しようとブレーキが作動したわけだ。なるほど、こういうケースもあるのかと勉強になった。

誤作動?と思う人もいるかもしれないが、誤作動は正しくないと思う。メーカーとしてプログラムした範囲内での作動だと思う。スバルのアイサイトでも濃い煙などを物体と認識して警告する動画を見たことがある。いくら技術が進んでも人間ではない。安全性を高めようとすると、どうしてもこういうことは出て来る。

しかし、きっとドライバーとしては普通に前を見て運転している時、危険だとは思っていない場合、こういうことが起きると、すごく驚くと同時に故障などを疑ってしまったり、とても不安になるのではないかと思った。そういう意味では、なかなか日本で一番安い車であるアルトに多大な物は求められないとはいえ、多少のコストがかかっても、カラーのマルチインフォメーションディスプレイを装備して「今のは衝突を回避しようとしたブレーキです」ということがわかるようにした方がいいと思う。来年発売するという新型ワゴンRからはぜひカラーのディスプレイを付けて欲しい。スズキはSX4や新型エスクードでも前時代的なもので、マルチインフォメーションディスプレイでは他社より遅れている。

スズキのレーダーブレーキサポートはレーザーレーダーを使う簡易なもの。いろいろ言われているけれど、別にいいじゃないかと思う。アルトの場合オプションにして21,600円。上を見たらキリがない。この価格では最良のもの。嘘つき呼ばわりされても、非常に良心的だと思っている。こうして人間が思いもよらないところを、低速域だけであっても、きちんとカバーしてくれているし、時には信号からのスタートでアクセルの踏み込みが大きいと誤発進抑制制御に叱られたりするのも安心感につながっている。もちろん、今後はデュアルカメラ式になっていくのだろうし、そちらの方がいいに違いない。

ちなみにスズキの場合、他社よりかなり慎重に販売していると思う。必ず長々と説明を受けないといけない。営業さんも、私よりご存知だと思いますけど・・・と言いつつもしっかり説明し、サインを求められた。これを取らないと登録してはならないという。ここまではダイハツも同じだが、スズキはさらに本社に販売店から送ったあと、自宅に返送されてくる仕組み。そこでも改めてメーカーからの説明、確認がある。営業が勝手に署名することができない仕組み。署名などないメーカーもある中で、私はスズキは説明責任、販売責任を他社よりも果たしていると考えている。
pagetop