July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

トヨタS-FRは出る!! 出さないといけない!!

トヨタの東京モーターショー出展概要で、車好きが喜んだのは間違いなく「S-FRコンセプト」だろう。まったく予想外なところもあり、驚きと同時に楽しみにした人も多くいると思う。しかし、今までのトヨタの動きを見ていると、こうした小さくて若者が買える価格のFRスポーティカーを発売したいという「夢」を探っていたように思う。これにはトヨタなりに反省がある。若者に買いやすい手ごろなスポーツカーを出したいという気持ちはあって「86」を投入したが、この車は結果的にいろいろな物を求めすぎ、大きく高価なものになってしまった。

そこで、86の弟的な車を。おそらく200万円までで買えるようなFRのスポーティカーを販売したいという思いは、社長もあったように思われる。そのために何年か前からトヨタラッシュ(ダイハツビーゴ)のプラットフォームやエンジンを使って、アイゴのボデーを載せたコンセプトカーを出してみたり、コペンのボディを使った車なども作ってみたり、どういう形がいいのか模索していたのが伝わってきた。ただし、それらはまだ市販されるとは思えないクオリティの車だったが、今回は違う。このまま市販されてもおかしくないくらいの仕上がりではないか!!

特に注目すべきポイントは、内装である。外観はまだショーモデル的な装飾がされていて、市販の時には少し変わる可能性があるが、内装はかなり現実的。イエローのデコレーションやメーターパネルはショーモデル用という可能性もあるが、プッシュスタートのボタンは市販車のもの。さらにエアコンパネルはルミオンとかイストあたりのものを流用してコストを抑えている感がある。

ショーモデルを見るときの一番のポイントは内装。と私は考えている。今までの経験上、まだ計画段階ですよとか、まだまだ変わると思いますという車は、内装がかなりショーモデルしている。反面、このまま市販されてもおかしくないというくらい現実的なものは、ほとんど1〜2年以内に市販されています。今回、トヨタのショーモデルは新型プリウスがメインではあるものの、もう発売が決まっていて情報も出ている車だけ目玉ということはない。毎回だいたい1台は近いうちに市販する車を出している。過去を振り返っても、この車は95%市販されると私は考えている。

ただ、一説にはお蔵入り? という説を唱える人もいる。先日マツダと提携を発表したことが影響していると思われる。確かにマツダにはロードスターがあり、小型なFR車を作るにはちょうどいいコンポーネンツがある。しかし、考えみて欲しい。BMWとトヨタだってスポーツカーの共同開発を模索し、BMWの役員が共同開発しているという発言をするまでに数年はかかっている。さらに、ここから発売まで、まだあと2年はかかる。マツダと共同でという話になっていくとしても、そうなれば現実に我々が手にすることになるのは最低3〜4年かかる。そこまで引き伸ばすか? と思えば、それは疑問だ。

若者の車離れに危機感を持っていたり、楽しい車を作りたいということを常々語っておられる豊田社長の考えからすると、近々市販のつもりだと思う。この車は豊田社長の時代だからこそ出せる車だ。そして、これまでのショーカーの歴史を振り返ると、この車にはダイハツも無関係ではないのでは? と思ったりする。いきなりダイハツを無視して、マツダとやりますという展開にはならないように私は思ってしまう。マツダとの共同開発で出るのは、この車の次期型からと想像する。しかし、個人的にはこの車、けっこう注目している。小さくて走りが楽しくて速い(気持ちになれる)車が欲しいと最近思っている私。チェイサーにいつまでも乗れるわけではない。出して欲しいという気持ちが先走った分析になってしまったかもしれない。
pagetop