September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

日本カー・オブ・ザ・イヤーはS660かロードスターか?

12月7日頃に、日本で一番歴史のあるカー・オブ・ザ・イヤーである「日本カー・オブ・ザ・イヤー」が決まる。今回10ベストカーに残っているのは、スズキアルトシリーズ、スバルレガシィシリーズ、トヨタシエンタ、日産エクストレイルハイブリッド、ホンダS660、マツダロードスター、BMW 2シリーズアクティブ&グランツアラー、ジャガーXE、フィアット500X、テスラモデルSの10車種。この中から、今年を代表する車として1台が選ばれる。

この日本カー・オブ・ザ・イヤーは、いろいろと批判も多い賞ではあるが、そうはいっても元祖。それなりに権威がある。日本でカー・オブ・ザ・イヤーといえば、このことを指すと言ってもいいだろう。ただ、どうしても広報力の強いトヨタやホンダが受賞する率が高いのは事実。そうしたことに疑問を持つ人も当然いる。そこで、RJCや日本自動車殿堂などもカー・オブ・ザ・イヤーをはじめ、それなりに箔も付くようになっている。

今年は、話題性よりも地味にがんばっている車が好きなRJCではスズキアルトシリーズが受賞。方向性ちょっとわからないけれども、日本自動車殿堂の方はマツダロードスターが受賞した。そういう意味で、今年は本家がロードスターかS660かと言われていただけに、分け合うというカタチならば、S660に票を投じやすい雰囲気はできたかもしれない。しかし、本家が他のCOTYを意識していない可能性もあるので、ロードスターという可能性はないわけではない。しかし、過去を振り返ると軽自動車がイヤーカーに選ばれたことはないのだそう。そうした前例を覆すのなら、S660はちょうどいいとも言える。

しかし、これまでの受賞車を見て思うのは、どうしてこんなのが大賞を取ったのだろう?と思ってしまう車がけっこうあるということ。ホンダCR-Z、トヨタiQなんて、一時の気持ちの盛り上がりであげてしまったという感じがする。こうした賞を受賞しておきながら、大事に育てないメーカーもメーカーなのだが、もう少し冷静に選んでもいいのではないかという気はしてしまう。その前で言えば、レジェンドやアコードもそうだ。ただ、80年代、90年代に比べて、2000年代はちょっと国産車は不作だった時期があるのも事実。無理に国産を選ぶ必要もない時代。今後は国産も輸入車も分け隔てなく、本当にいい車が選ばれたらいいと思う。
pagetop