March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

高速道路の制限速度について

新東名の制限速度を120km/hに引き上げるという案が出ているという。走ったことがないからわからないが、この道路は140km/hでも十分対応できるような道路として作られているという。制限速度を上げることについて、それ前提で作っているのなら私は反対ではないのだが、120km/hはけっこう曖昧な数字である。もちろん、前置きとして速度超過を推奨するような気持ちは一切なく、あくまで制限速度を守って走って欲しいということを強調した上で、本題に入りたいが、そうはいっても多くのドライバーは100km/h以上で走った経験が1度もない人は珍しいのではないだろうか。事実上、現在の高速道路において120km/hで走っている車は非常に多く、それではめったに捕まらないというのが本当のところである。

理由はさまざまあるだろうが、メーターの誤差、取り締まり時の誤差など、明らかなる速度超過として認めにくいというところがあるのかもしれない。事実、警察内部での取り締まりについてのマニュアルのようなものを見たことがあるが、そこには一般道は+15km/h、高速道路+30km/h程度と記されている。これはそれなりに信憑性があり、60km/hの制限速度の道で70km/hくらいで走っていても、捕まった経験がある人はほとんどいないだろうし、高速道路でも110〜120km/hは捕まらないという印象を持っているドライバーがほとんどだと思う。警察に追いかけられて捕まっている車って、確かにものすごいスピード(たぶん140km/hオーバー)で駆け抜けていった車。したがって、制限速度を120km/hにするということは、140km/hくらいまでは黙認されるという意味?と思ってしまうのだ。だから曖昧。全国の道路でだいたい+20km/h程度で捕まらないのに、新東名だと+5km/hでも捕まるのであれば、実のところあんまり変わらないということになる。

そういう意味でこうした日本らしい暗黙の了解のような仕組みをまず辞めたらどうだろうかと思う。実情に合った制限速度に全国一括で変えてしまえばいい。120km/hでいいのではないかと思う。その代わり、少しでも速度超過していたら即刻違反でいい。一般道についても場合によっては60km/hでは低すぎるところもある。人や原付が入ってこないところでも、60km/h扱いになっている。こういうところは80km/hくらいまで上げればいい。その代わり、取締りを厳しくする。逆に住宅地などでの制限速度については、もっと厳しくてもいい。正直、ここで40km/h出していいの?というところがたくさんある。高速を120km/hにするよりも、そちらの方がよほど危ない。

それから高速道路については最低速度の変更、大型車の追い越し車線走行禁止など、他にやるべきことがあると思う。そもそも一車線の高速道路に来て50km/hで走り続ける車など、迷惑以外の何者でもないし、そもそも高速を走る資格が無い。次世代ETCなどを作る際には、そういうことも含めて開発して、そういう車に「渋滞の原因になっています。次のパーキングに入ってください」などとお知らせするような仕組みを作ってもらいたい。そうすることで先を急ぐ車の事故を減らすこともできるだろう。
pagetop