April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

マツダの教習車への思い

ホンダの車両置き場を通ったらグレイスの教習車があった。けっこう売れたなぁと思っていたら、ティーダラティオの教習車が大量に置いてあった。入れ替えなのだろう。それにしても退役が早い気がする。一時期この辺で増殖したタクシーも見かけなくなった。ハードな用途には向いていないのかもしれない。とはいえ、ホンダ車がそれ以上だとも思わないが、設定しているだけいいと思う。今や教習車の王者はマツダアクセラ。言われてみればよく見かけるようになった。昨年の教習車販売台数はアクセラが約3,000台で、シェアはなんと50%だという。次がトヨタコンフォートで約500台。トヨタはこの他にカローラアクシオを販売しているが、それにしてもマツダは圧倒的強さだ。

マツダというメーカー。昔から教習車には熱心だった。カペラやルーチェの時代から教習車にはかなり力を入れている。教習所の声を取り入れ、地道に関係を築いて来たことに加えて、他社があまりに手抜き。教習車が小型すぎるようになったこと。そして、何よりカッコよくなったこと。この時代、教習所にとってカッコ良さは大事。アクセラの魅力的なデザインが決め手になっている事業所も増加している。特に最近トヨタコンフォートがマツダに変わっている例をよく見かける。

マツダが教習車に昔から熱心だった理由は、大手がやらないような小さな市場でシェアを取ってやろうという気持ちがあったかもしれない。でも、年間にして1,000〜2,000台は自動車メーカーにとっては小さい。危機的な状況に陥ったら真っ先に切られてもいい。なのに決して辞めようとしなかったのは、マツダが将来のお客さんを育てることを重視していたからではないか。タクシーはやめても、これは無くしてはいけないという思いがあったに違いない。昔は初めて運転したのがトヨタ車という人が多かったが、今はマツダという人が多い。時代は流れて、マツダが復活した今、逆に走る楽しさを伝えるのに教習車はもっともふさわしい布教(良い意味での)手段である。最初にいい物に触れることは大切だ。マツダの車に慣れたら、やっぱり軽はしっくり来ないと思う人も一定数いるはずだ。

アクセラの教習車は市販車とは違い、整備性を重視してエンジンは普通の1.6Lだという。スカイアクティブではなく、ATも4ATになっている。サイズは4.6mくらいあるし、幅も1.8mある。長さはもう少し欲しいが、他に比べたらいいと思う。本当は教習車はフル3ナンバーサイズが理想だと思っている。グレイスやカローラアクシオではいくらなんでも小さすぎる。車が大型化した分、それに合わせた基準にすることは必要だろう。持論としてはカムリ、アコード、アテンザクラスが適正だと私は思っているが、双方の経営上難しいことは理解している。でも、カムリやアコードは北米にシンプルなマニュアル車もあるのだからやろうと思えばできないことはないだろう。

話は戻る。教習車だからこそ運転しやすいだけじゃない。楽しさを伝えたい。そういうマツダの思いは長い目で見て絶対に実を結ぶと思う。そういう意味では、ホンダだって年間数百台のために専用のエンジン&ミッション。仕様・装備を用意して販売し続けるのは心意気があるからに違いない。これはやめてはいけないと主張する人が中にいるはずだと思う。もっといい車を作ろうというトヨタも、これから教習車に力を入れて欲しい。若者の車離れというなら、入り口から魅了させて欲しい。TNGAを採用した新しい時代のセダン(例えば、次期アリオンなど)を投入して、次世代を担う若者に車の楽しさを教えてはどうだろうか。日産は論外だろう。商売しか考えず、教習車をやめてしまった。日産には将来のお客さんはいないと思った方がいい。
pagetop