April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

新型プリウス受注は60歳以上! 当然です

新型プリウスの受注が発売から1ヶ月で10万台。先代は16万台だったが、今回は8万台か良くて10万台と思っていたから、10万台なら十分成功だと思う。理由は以前の記事に書いているので省きたい。しかし、どうしてメディアは思い込みや勝手な前提ありきで記事を書くのだろうか。またいつものように受注は60歳代以上が中心のような書き方をしている。そしてコメントには「若者の車離れ」「若い人は車を買う金がない」といういつものコメント。みんなそう言ってるからそう思ってくるのだろう。

まぁ普通に考えて、20〜40歳人口より、40〜70歳人口が多いことは周知の事実。年代別分類では60歳以上はひとくくりにされることが多い。80歳台まで含んでしまうのだから多くなるのは普通。前から言っているように私は若者の車離れと、高齢者の事故増加はかなり誤解があると思っている。確かにある特定の地域に限っては車離れはあるかもしれない。都心とか大都市の真ん中に住む電車と自転車で生活できるようなタイプの人など。けれど、そういう人は昔だってそんなに持ってなかったのでは。大阪にいたこともあるけど、大阪クラスだって中心部を外れれば車がないと不便で、みんな持っていた。地方と言われるような県だと、そもそも仕事にならない。簡単に自動車から離れることはできない。単に若い人が減っただけ。事故だって高齢者が増えただけ。率で見れば劇的変化はないと思う。ただ、車に対して憧れ、こだわりを持つ人は昔より減っている気がする。生まれながらに自動車が身近にあった世代にとって、自動車は特別なものではない。パソコンや携帯電話と同じ。自分を主張するアイテム色は弱い。カタチや色に好き好きはあるものの、道具として考えればそんなに高額なものを買う必要はないと考えている。この15年間くらいそうした地味な車が多かったこともある。楽しさとか興味を駆り立てられる車って、車が好きな人から見ても不作だったのではないだろうか。

こうしたことから、今までより興味を持ってもらえる存在になる!!というのが、トヨタの考える「もっといい車」であって、それはスポーツカーとか高級車のような偏ったものを指しているわけではないだろう。私の幼少期は「いい車に乗っているなぁ」と言えば、価格が高い車とかスポーツカーを指したものだが今は違っている。トヨタだってバブル再来を目指しているとは思えない。誰でも手の届く範囲で、もうちょっと魅力ある車を作ろうよというのが、これからの100年も自動車が楽しい存在であり続けるポイントで、そんなことはトヨタは重々承知なはずだ。

若い人が車を買うお金がないというのも嘘ではないが、言い切れるほどではない。都会に比べ年収は低いが、実家暮らしも多いし、駐車場代は不要。車の価格も昔よりも高くなっているが、その分価値の下落もゆるやか。おじさま方の時代なら5〜6年も乗れば下取りゼロというイメージだが、今は人気車なら100〜150万円付く。購入価格は300万円でも、実質負担は90年代なら200万円くらいと同等。メリット・デメリットはあるものの、残価設定ローンの登場や、ローンの年数も長くすることが可能になったし、マイカーリースなど乗り方も多様化。トヨタディーラーでは残価設定が半分くらいを占める。したがって、5年間の残価設定プランなら月々3万円少々でけっこういい車に乗れる。正社員なら高嶺の花というほどではない。それに地方の夫婦は公務員か銀行員以外(もちろん例外アリ)ほとんど共働きだ。プリウスは高すぎるから若い人は買えないというのはけっこう勘違いで、若い人や子育て世代はプリウスを買わないだけ。ノア・ヴォクシー・エスクァイア兄弟を同じかそれ以上の価格で購入していたりする。ジャーナリストも新聞記者も、都会の一等地で、世の中を暗い気持ちに導くような思い込み記事ばかり書いてないで、積極的に方々の販売現場をよく取材した方がいいんじゃなかろうかと思う。
pagetop