March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

さらばあぶない刑事 × 日産



1月30日に「さらばあぶない刑事」が公開される。10年ぶりの映画でドラマスタートから30年で最後というからファンとしては待ってました!!と寂しい!!の気持ちでいっぱいだ。でも、まだ信じていない。年齢的に定年退職は避けられないが、御伽噺のようなものなんだし、なかったことにしたっていいじゃない。

ただ、自分の中で「もっともあぶない刑事」が最高傑作。それからの復活作はどうにも物足りなさがある。今回はあの80年代の原点をとても大切にした作品ということらしいから、もしかしたら「もっとも」を超えるかもしれないと期待はしているが、この作品と切っても切れないのが日産車。物足りなさには日産車が出なくなったということがあるかもしれない。

私は日産に対してあまり良いことを書いた記憶が少なく、大変に日産車ファンのみなさまには申し訳ないといつも思っているのだが、実はずっと私は日産党だった。今は心を揺り動かす車がなく、興味を持てないだけで日産が嫌いなわけではない。少なくとも高校生くらいの頃までは日産車に乗りたかった。

幼い頃の私は、日曜日に早く起きて「あぶない刑事」のビデオテープを必ず観ていた。セリフだって全部覚えていた。あれから30年が経っても「あぶない刑事」のDVDを車の中で流している。もはや、流れているだけでいい。何がいいとか言葉にできないのだ。空気が染まる感じがする。私は子どもだったので、バブルの頃は知らないが、どこかであの頃の空気感みたいなものが、懐かしく憧れてしまっているのかもしれない。

この映画で車がもっと好きになったのは間違いないが、実際のところ刑事ドラマは車が好きで見ていたと言った方がいい。あの頃、トヨタの車に関心は薄かった。確かにトヨタ車ってパッと見てかっこいい!!というのは少なかった。大人には良さが理解できるけれど、感覚的に心を掴まれる車はトヨタではなく日産だった。グロリア、スカイライン、ローレル。レパード、シーマ。将来乗りたいと思った車は日産。なのに、当時あこがれた車が無くなってしまった。

日産オフィシャルのYouTubeで「さらばあぶない刑事」の日産車トレーラーが公開された。今回の映画に登場する日産車が出て来る。現行車ばかりなのに、やっぱり胸が高鳴ってしまう。それと同時に涙が出そうになる。今回はゴールドツートンのレパードも登場するというから、本当に楽しみだ。みなさんと1月30日以降に語り合いたい。
pagetop