September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

トヨタがダイハツを完全子会社化へ

スズキとトヨタが何かしら接点を持っているのは十分ありえるという話を書き終えようとした時、Yahoo!のトップに「トヨタ ダイハツ完全子会社化へ」という見出し。間違いなくこのふたつの情報は関係がある。偶然だと考える人はいないだろう。

responseのによると

これからの話ではあるようだが、ダイハツを完全に傘下にするのは軽自動車市場の春が終わりつつあり、軽自動車専業メーカーだけであるよりも、ダイハツの強みである小型車開発で、トヨタとともに取り組んだ方が双方にとってもメリットがあるからかもしれない。

だが、それは正真正銘トヨタの軽自動車ブランドになるということになり、そうなれば最大のライバルであるスズキもトヨタ陣営に加わりやすくなるとも言えそう。もちろん、双方は否定しているが。その上で、スズキともこれから何かやっていけることはないかなぁ程度に模索しているとすれば、トヨタの見ているずっと向こうには軽自動車の廃止もないわけではないと思う。

スズキにとって軽自動車はもちろん重要。でも、どうなるかわからない軽自動車に依存しているのは不安だ。なぜなら、ダイハツと違ってスズキは軽がなくなると一番打撃を受ける。そうしたこともあって、世界規模で小型車に力を入れてきた。独創的なハイブリッドなどがんばっているものの、トヨタから次世代技術が供与されるのは魅力的。インド市場でバレーノから高級路線をスタートさせたが、さらに上を行く車を作るためにはトヨタの経験も欲しいだろう。なぜなら、言うほどバレーノの内装は良くなかったからだ。トヨタとスズキは企業風土や出発点、マツダ同様に地元密着という点で共感しやすいところもあるだろう。トヨタがスズキから欲しいものはさほど多くないかもしれないが、ダイハツとスズキの低価格車開発&生産技術ノウハウを知ることができれば鬼に金棒である。

けれど、スズキと関係を良好にするにはトヨタにとってメリットがある。それは軽自動車の行く末に切り込むことができる。トヨタは折に触れて軽自動車不要論を出している。創業家の豊田社長になってからはそういう声は聞かなくなったものの、ダイハツを事実上吸収して、スズキとも提携関係を持つことを考えているとすれば、軽自動車の段階的な縮小・廃止に向けて長期戦略を持っていると見るのが自然。その上で、自動車業界が真剣に軽の廃止を検討すれば、小型車の減税を政府に要求することもできるかもしれない。小型車の税金が安くなっても、軽より高ければ税収は増加する。軽の税金を上げたい国の思いと合致する。私としては地方の足である軽自動車の安易な廃止や増税には反対しているし、世論の影響なども考えて、トヨタは軽をどうこうしたいなどと軽々しく言わないだろうが、思惑としては十分考えられるのではないか。

ただし、鈴木会長は思い通りに動く人ではない。VWとの提携で慎重にもなっている。この1年くらいで何か具体的な動きがあるとは思えないが、日産にモコの供給をやめたことも実はつながっている? ニュースは全部つながっているというもの。今後もこの件は自動車ファンにとって興味深いもの。どちらにしても、結果的に魅力的な車が出て来るようになった!!と喜びを持てる提携や分岐点になればいい。
pagetop