March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ラパンが失敗

新型ラパンの販売が大苦戦。昨年の販売台数35,905台。2014年から15%も減らしてしまった。フルモデルチェンジは6月。先代と新型の販売期間は半々。軽に厳しい1年だったことを差し引いても情けないスタートと言っていい。

<女性が開発に参画>

今回のモデルで明らかになった。ラパンユーザーの9割が女性。ほとんど女性しか買わないのだから、女性が好きなように作ってみればいいという英断で、今度のラパンは商品企画・デザインなど重要事項の決定には、女性が関わったということをスズキもアピールしていた。女性中心で開発。日本の自動車史上おそらく初めてだったのだが・・・

<販売は低迷>

ラパンは驚く販売台数は記録しないが、モデル末期でも3,000台を維持。古い新しいは関係なし。女性に強く支持されていたことが伺える。しかし、モデルチェンジ後も横ばい。一般的にはこのくらいの車ならデビューから3ヶ月は8,000台くらい届出されていておかしくはない。なのに年末には2,000台にまで落ちてしまった。ラパンユーザーから、魅力なしと言われたに等しい。

<性別を考えることの危うさ>

私は女性だから良くないとは思わないけれど、商品を作る時に性別を意識することは、車に限ってはあまり良い結果をもたらさない気がする。世の中の女性は女性らしさをラパンに求めていたわけではなかったようだ。男性だって乗れるところが良かったと言える。新車で買ってないのかもしれないが、意外とラパンは男性にも人気がある。しかし、新型はちょっと男は乗れない。

<乗ればいいのだが>

新型ラパンは新型アルトに続いてスズキの新しい車台を採用した車。軽快な走りにアルトよりも上質な雰囲気、静粛性、見た目らしいおっとりとした乗り心地など、すごく好感の持てる車なのは間違いない。燃費だっていい。普通に通勤で使えば20.0km/Lをきることはないだろう。

<上級感が物足りない>

軽に上級感というのも変な気がする。けれど、少なくとも先代のラパンはワゴンRよりも高い理由がわかる車だった。車の作りだってしっかりとしていたし、内装の質感だって小型車を凌駕するほどに思えた。特に最終に出たショコラなど、本当にクオリティが高く、このままこれにR06A型エンジンを搭載してくれればそれでいいという満足感もあったほど。しかし、新型は外観もアルトクラスの雰囲気がしてしまうし(特にリヤビュー)、内装も軽らしいものとなってしまっている。これではメカニズムに興味のない女性には響かないのではなかろうか。

<早急な建て直しが必要>

変わり身の早いスズキだから、すでに準備していると思うが、ラパンは早急にコンセプトの建て直しが必要だ。これはこれで残すとしても前後のデザインを変えた四角いタイプを新設定した方がいい。また、内装も男性や大人の女性が乗ってもいいような大人っぽいダーク系のものを用意した方がいいと思う。これではせっかくの女性中心という良い試みも、やっぱりダメだったで終わってしまう。
pagetop