July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アルトと過ごした1年を振り返る

昨年発売前に注文し、ものすごく気に入っていた私のアルト。今月末に手放すこととなった。決してアルトが良くなかったというようなマイナスの理由での乗り替えではない。このことははっきりと強調したい。できるならこのまま乗っていたいと今も思っている。

ただ、あれだけアルトを毎日のようにベタ褒めしておきながら、1年でやめるとは無責任な感じがして、ものすごく申し訳なく思っているのも事実。やむをえない事情があり、もう少し背が高くてラゲッジの広いクルマが必要になってしまったのだ。理由はTwitterにも書いたので割愛するも、実はその直前にアルトターボRSの下取りがありそうで、見に行く!! 買うかも!! とスズキの営業さんにお話していた矢先。いろいろ思い描いていた夢は消えてしまった。

結局、四角くて広さもあって、ラゲッジの汚れにも強いということで、ハスラーGグレードの中古車を契約。S-エネチャージが出た時に使われた試乗車アップ。新車も考えるも、考え出したらキリがない。改めてカタログ見たらハスラーの価格は絶妙。「G」が基本になるものの、2トーンカラーかディスチャージか考え出したら止まらない。ちょっと足して「Gターボ」。だったら装備を取って「X」か。ここまで出すなら「J STYLE II」。欲はとめどない。冷静になれば「G」だって十分以上。あるものに乗る。納得の上、決めてきた。ただ、S-エネチャージ付は幸いなこと。タイミングが良かった。

今日は私のアルトとの1年を振り返りたい。

納車されてから1年で15,000kmオーバー。アルトエコは2年で2万キロだったので50%増となった。チェイサーの出番が圧倒的に無い1年。休日のお出かけもアルトだった。軽だから普通車より疲れるのは間違いない。けれど、運転するのが楽しみ。ここがアルトエコと決定的な違い。エコは実用車として素晴らしかったが、節約する以外の理由で乗りたいとはあまり思わなかった。でも、新型アルトは乗りたくなる車。一番遠くだとかつて住んでいた奈良県までチャレンジした。さすがにこれはけっこうつらく、もうないなと思ったものの、神戸くらいまでだったら全然OK。高速を走ってもスタビリティもよく、まったく不安感なし。シートが格段に良くなったので、遠出する気になる。アルトエコが山陰地区の移動専用に対して、新型は中国地方全域までOKというイメージ。そのくらい良くなった。これならリッターカーはいらないと思った。

ただ、最初から今まで気に入らないところもある。メインユーザーである年配女性をターゲットにしすぎたため、ドライビングポジションが合わなかった。ステアリングに合わせるとペダルが近い。ペダルに合わせるとステアリングが遠すぎる。これが極端。どうにもならない。背の低い人じゃないと合わないのだ。「X」にはチルトステアリング、シートリフター付いていたが、ありとあらゆるポジションを試したものの、結局許容範囲にならなかった。先代アルトはそんなことはなかった。どうしてこうなったのかと思う。そして、もうひとつが遮音性。びっくりするほどの軽量化で致し方ないが、エンジン音は先代の方がだいぶ静か。うるさくてたまらないということはないものの、音楽を聞く気にならず、ラジオばっかり聴くようになった。ハスラーがいいなと思ったのは、ワゴンRと比べても静かだったこと。静かさに少し飢えていたかもしれない。

良かったことは書ききれない。今までたくさん書いてきたから改めて書くこともないと思う。1年間乗って感覚的には燃費は横ばい。私が乗っていたアルトエコはカタログ上では33.0km/L。新型は37.0km/Lだが、体感的に変わった気はしなかった。燃料タンクの容量が増えたので同じような比較ができないのもあるし、そもそも元々良すぎて少々良くなったところでわからない。街乗り平均は気候の良い時なら27〜8。夏場は24〜25。冬は20〜22という感じ。真冬の燃費はたぶんアルトエコと大差なし。けれど、その他の季節では1.5km/Lくらいは良くなっていると思う。もちろん、一般道を遠出すれば平気で30を超える。

最後にアルトのリセールバリューは一般的ながら「X」はけっこう厳しかった。新車価格が113万円。確かに一般論で考えたらワゴンRにする。前のアルトエコは元々価格が安かったため、下取りいいなぁと思ったが、今回は少しがっかり。需要期のためなんとか希望の最低ラインにはしてもらったものの、本音を言えばもう少しあると思っていた。ただ、1年と2年の差は大きい。車は1年で一気に下落して、そこからはゆるやかに落ちていく。軽なら顕著。普通は1年で変えたりしないので、何を買ったって大損でございます。けれど、もしもこれからアルトを買う人には、「X」の魅力は十分にあると伝えたい。そもそもターボは必要ない。そのくらい満足の行く走りだし、装備充実で15インチ+スタビライザー付の足回りは本当にいい。3〜5年乗るなら十分元が取れる。ただ、とにかく距離を走る人や新し物好きの人で買い替えサイクルが早い人などは、ベーシックな「L」か、もうちょっと足して「ターボRS」にした方がいいかもしれない。特にターボかワークスは3年〜5年経ってもけっこうなお値段で販売されることだろう。そういう意味ではデビューから2年経っても100万円切る車体がほとんどないハスラー。今度は安心して乗れるかもしれない。
pagetop