March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

いいぞ!! トヨタC-HR

コンセプトモデルは度々登場。プリウスベースのSUVが出るぞと言われ続けて、そろそろ3年くらいになる気がするが、ようやくその姿を現してくれたのが、ほぼ市販版「C-HR」。

なんだかとても存在感のあるスタイリングだが、サイズは意外と小さくて、全長は4,350mm。幅は日本ではちょっとワイドすぎる1,795mmとなっている。とはいえ、このサイズ。SUV販売で独走中のホンダヴェゼルとほぼ同じ。まさかストリーム VS ウィッシュの再来? そんなことも頭を過ぎる。近年トヨタはコピー商品のようなものを出してくることは少ない。純粋にいい車を作ろうという意気込みは感じる。パクリというような議論にあけくれた若い頃もあったが、今は私自身そんなことに興味がない。ただ、新しい選択肢が増えることを歓迎する。この車もトヨタの解釈があると思うし、世界中でもっとも売れ筋のジャンルでもある。

この車のパワートレインは3つ用意されるらしい。メインはプリウスと同じ1.8Lハイブリッド。これにE-Fourタイプもあるという。ただ、この車はプリウスのようにハイブリッド専用車ではない模様。オーリスに搭載された1.2L直噴ターボ仕様も設定される見込みで、こちらも日本に導入される可能性が高い。こちらもAWDがあるらしい。そして、国内導入は微妙だが、2.0Lの普通の4気筒バルブマチックもあるらしい。こちらはFFのみ。低価格担当になるのだろう。私は日本にもあっていいと思う。

現在、我が家ではプリウスの購入も検討しているが、この車も大アリという気がしている。おそらくヴェゼルと対抗するために価格設定は似たようなところになると予想。つまり、ハイブリッドのメインモデルで250万円前後。プリウスと同等とも言える。ガソリンターボがどうなるかわからないが、オーリスがけっこう高いことを考えると、価格面ではあまり差がないかもしれない。となると、ヴェゼルのガソリンタイプに対抗するのは、2.0Lという可能性もある。

なかなか悩ましいところで、価格差がけっこうあるのなら、それほど距離も走らなくなったことを考えると、2.0Lでいいと思ってしまう。日々のガソリン代は増えるが、価格差分ほど得はしないと予想されるためだ。雪深い地域ではないから、FFで充分。トヨタセーフティセンスPが付いていればそれでいい。ただ、ガレージがかなり厳しい。チェイサーとプリウスが並んでいても、狭いというのに、さらに5cmも広くなってしまうと助手席側から乗り込むことはできなくなりそうだ。車庫入れも多少心配。土地は十分にあるのに、カーポートが小さいものだから、まったく困ってしまう。急いだこともない。車検が来たら手放して様子を見ればいいから、この車も真剣に検討したいと考えている。
pagetop