July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ステップワゴン苦戦はエンジンのせいなのか

昨年4月に発売された新型ステップワゴンは、このクラスのミニバンでは初となるダウンサイジングターボを搭載。ようやく自慢できるレベルになって、JNCAPのテストにも参加して、グレード名に冠するようになったホンダセンシングなど先進の安全装備も備えて(初期のホンダセンシングはおそらくダメ)、意欲作に見えた。その他にもわくわくテールゲートなど、今までになかった提案もある。

しかし、販売はホンダが期待したほどではなく、現状維持に留まる。トヨタのノア/ヴォクシー/エスクァイアの3兄弟は別。これはもう販売網も全然違うし、売れて当然なところもあるが、同等の販売力と思われる日産セレナは今年の夏にフルモデルチェンジを予定しているくらいモデルライフ終盤なのに、ステップワゴンより売れている。

2.0Lクラスの1BOXミニバンは、かつてのカローラやサニーのような車。20〜40代のファミリー層が一番多く買っている。だから、既存ユーザーも多く、買い替え需要も大きい。しかし、新型ステップワゴンは思ったように販売が伸びていない。最近多く見かける記事では、その原因がダウンサイジングターボにあるとされているものが多い。確かにそれはひとつある。けど、果たしてそうなのだろうか。

ホンダの営業さんとも親交がある私は、新型ステップワゴン発売直後に貸してもらっており、ここでもレポートした。ステップワゴンはとても出来がいい車で、自分がこういうミニバンを買わねばならないとしたら、この車にしたいと書いた。乗り心地も静粛性もいい。走り味だって運転手気分が少ない。1.5Lターボはメーカーが言う2.4Lクラスの低速トルクはちょっと言いすぎだと思ったが、自然吸気の2.0Lと比べて遜色はなく、まったくターボであることがわからないレベルの仕上がりだった。それにホンダセンシングなど今求められるものは十分にある。わくわくテールゲートはちょっとよくわからないけれど、あるからといってマイナス要因にはならないだろう。

ただ、確かにダウンサイジングターボは理由としてはある。営業さんもなんでこの価格で1.5Lなんだと言われることがあると言う。でも、それは排気量で車を判断する割と年齢の高い人がほとんどらしい。それに奥様世代は車のスペックにはそれほど興味はないし、乗って普通に走ればいい。税金が安いことの方が重要だと思う。また、ダウンサイジングターボはひとつの省燃費エンジンとしての手法ではあるものの、一般的な消費者にはわかりにくいという指摘もある。ライバルはハイブリッドを採用しているから、わかりやすいのはあると思う。けれど、ノアやヴォクシーのハイブリッド比率はそれほど高くない。30%程度である。ほとんどの人がガソリンを購入している。その上、ハイブリッドは価格が高く、純粋に比較できるものではないんじゃないか。

個人的にはステップワゴンが不振だとすれば、そのデザインにあると思う。ワゴンRの標準車がステップワゴン。エアロ付のFZグレードがスパーダという感じ。スティングレーがないイメージ。私は今のステップワゴンのデザインは、そんなに嫌いじゃないし、むしろこのくらいシンプルでクリーンな雰囲気がいいのだが、世間一般ではやはりカスタム風味というか、威圧感のあるフロントマスク、きらびやかさが求められるように思う。人と違う切り口はホンダのいいところではあるものの、売れ筋車種ではもう少し大衆に歩み寄ってもいいのだろうと思う。せっかくいい車なのだからもったいない。
pagetop