July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

カーシェアリングを利用してみて

この夏は長期の出張で県外に。利便性のいいところとはいえ、ちょっと車があると便利だ。日用品の買い出し、クリーニング店、長期だと近隣の店も飽きてくるので食事などなど。そこで目についたのがホテルのそばにあった三菱i-MiEV。カーシェアリングをやっているらしい。これも良い機会。使ってみたいと思い、早速会社のホームページなどをチェック。事前の利用登録を行った。必要なのはクレジットカードのみである。

 

夜に事前登録を済ますと、翌日には電話がかかってきた。店頭に来てほしいとのこと。夕方出向くと免許証のコピーと利用の説明を受け、車のキーを開けるのに必要な会員カードをもらって終了。案外簡単なものである。このあとは車が空いている時間帯にスマートフォンから予約を入れるだけで乗れる。レンタカーのような店頭手続きはない。まだ、あまり普及していないのか比較的好きな時間にいつでも予約が取れる状況だった。料金は15分200円が基本。ちょっとだけ使うならこのプランでいい。ただ、レンタカーのように24時間単位でも借りることができるので、そういう場合にはパック料金が適用される。24時間なら3,500円だった。これは車種に限らずすべて同じ価格設定。軽のi-MiEVならレンタカーでもこのくらいの値段設定をしているところもあるかもしれないが、アウトランダーPHEVやBMW i3もあるので、こうした車なら圧倒的にお得感がある。

 

私が利用していたのは、BMW i3。どうせなら乗ることがない車がいい。車は充電ケーブルがささった状態で置いてあるので、まずはそれを車両に積み込む。そしてキーボックスにカードキーを近づけるとカギがあいて中から車のキーが出てくる。それで乗り込んで使う。ただし、BMW i3のみ機構的な問題でそのようになっているようで、国産車の場合には車の窓のセンサーに近づけるドアのロックが開く。車内に車のカギがある仕組みだ。中にはガソリンのカードも入っていて、指定のガソリンスタンドで給油することができる。もちろんお金を支払う必要はないが、代わりに1時間あたり100円程度の燃料代がシェアリング代とともに請求される。ただし、それはガソリン車のみでEVは無料だ。

 

戻ってくると駐車場に停めて、カギをもとの場所に戻し、充電ケーブルをつないでおくのがマナー。市街地に置いている車はほとんどがEVで、郊外に行けばガソリン車が用意されている模様。EVだと少し後続距離が心配と思うかもしれないが、レンタカーと違って、普段生活に使う程度の目的なので、市内のあちこちを回って用事を済ませても100km走ることはない。エアコンもフルに使いつつ、まったく不安になることはなかった。

 

さて、BMW i3の印象は使い方がわからない!! というところからスタート。10分程度いろいろなスイッチ類を確認しての出発となった。シフトレバーのようなものはウインカーのあたりにある。慣れれば意外に使いやすい。オーディオやナビの操作はマツダコネクトみたいなものだ。最初は後続距離も気にしてECOモードで走っていたものの、まったく心配の必要がないとわかったので、ノーマルやスポーツモードで走ってみた。最初は新鮮な気もしたが、ものすごく違った乗り物という感覚はなく、案外乗りやすい車だった。乗り心地は少し硬い。そしてエネルギー回生のため、アクセルオフ時の減速感が大きく、ブレーキペダルを踏むことはかなり少なくて済む。

 

気になる性能は爽快。とても楽しい。つまり、ものすごく速い。もちろんまったり走ることも可能なのだが、少しアクセルを踏み込むと本当に気持ちの良い加速をしてくれて、あっという間に法定速度を超えてしまう。体感的なトルク感は3.5L並みである。350Nmくらいのトルクがあるのかな?と思って調べてみたらカタログでは250Nm。それ以上に感じる。ただ、馬力は150PSなので高速道路ではものすごく速いという印象にはならないかもしれない。私が借りた車は発電用のエンジンを搭載したレンジエクステンダーだったが、こちらのエンジン音も気づかないレベル。バッテリーの残量が70%以下にならないと始動できないので、なかなか試せなかったが走り回って動かしてみても、動いてる?という程度の静かさである。後ろの方で蚊が飛ぶような音がなんか聞こえるという具合。想像以上に静かだ。

 

1時間1,000円くらいでこういった車に乗れるのは、車好きにとっては大変魅力的なものである。ただ、地方都市ということもあってほとんどの人は自家用車を持っている。わざわざお金を出して乗る必要性もないのが現状。そういう意味では、車社会の地方都市では箱バンや軽トラのような各家庭が持っていない車を常備したり、クーペやセダン派のためにミニバンを用意した方が利用者が増えるように思う。

pagetop