June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

近頃思うこと。

私が現在メインで使っている実用車はスズキバレーノというマイナーな車なのですが、最近いろいろと思うことがあります。

 

私がこんな車を選んだのは、まぁおもしろそうというようなことと、誰もたぶん乗っていないというようなことでしょうが、正直話題となっているインド産ということはまったく気にもしませんでした。実際、1年で3万キロ以上乗っていますが、特にインドがどうとか感じることはなく、たぶんスイフトとかソリオと変わらないんじゃないかと思っているところです。

 

そもそも、長距離を走ることが多くなったということで、当時はまだスイフトがモデルチェンジ前。廉価な価格でアダプティブクルーズコントロールが付いた車は、この辺しかなかったように思います。今ではN-BOXでも付いてますね。時代の流れは早いです。しかし、だいぶ軽自動車ライフを楽しんだあとに、バレーノに乗ると、これがマァ不満がないんですわ。

 

趣味趣味車として、3.0Lエンジンを搭載するチェイサーが盆栽となっていて、いらないと思いながらもまた今年車検を受けてしまったあとで言うのもなんですが、なんかもうそういう意味で置いておくのと違うなと思っています。先日、連休は大きな車が運転できない人もいる関係で、バレーノで出かけたのですが、トータル800kmくらい走って、あーまったくこれでなんの不満もないと思ってしまっただけでなく、シートとか直進安定性とか、20年近く昔のチェイサーよりはるかにいいんですね。長距離出かけるために置いているという理由はもう無理が出てきている。

 

そこでなんだかいろいろと考えてしまって、この2年が最後かなと思っています。車そのものは置いているだけでは、さほどのお金はかからないのですが、年式が年式なので次の車検はおそらくけっこうかかるでしょう。すでに今回も見積もりはそうだったのですが、これで最後。ダメになったらやめるということで、最低限で済ませたという経緯もあります。じゃあ次に多額の資金を投じてまで持っていく決意があるのか? と言われると、いかんですなぁ。だったら、もっと違う車に乗ってみたいと思っています。まだ、具体的に絞れていませんが。

 

車に対する情熱も薄らいじゃったんでしょうかね。コンパクト1台でも別に困りませんもの。6気筒6気筒言ってたころもありましたが、4気筒とか3気筒の車に乗ってるうちに、もうシリンダーの数なんかどうでもいいと思ってですね。諦めなんですかね。メーカーの思うつぼですね。FFとかFRとかそんなこともどうでもよくなって来ました。今度のレクサスESは売れるでしょうね。

 

つれづれとまとまらぬ文章を書いてしまいましたが、結局最近のコンパクトカーはまぁまぁ日常の足なら不満ない。それに遠出だって悪くない。こりゃまぁ高級車とかセダンとか、そんなものが売れなくなるのも仕方ないと思います。ただ、よくよく考えたら高いですけどね。今のコンパクトカーってなんだかんだで220〜250万円。今度のカローラハッチバックなんて、かつてのマークIIと同じ価格帯です!!

 

昔は昔。よかった部分もたくさんありますが、今を楽しむのもいいじゃないですかね。そんなふうに変わって来た私なのであります。

pagetop