November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スズキ、トヨタと提携交渉はありえる

私はジャーナリストでも新聞記者でもないから想像の域は出ないのだが、突然出てきた「スズキ、トヨタとの提携交渉」という記事。もちろん両社は否定している。おそらく事実だろう。具体的な話にはなっていないことは本当だと思う。けれど、トヨタとスズキが接点を持っているのは本当だろうと思う。

スズキはVWとの提携問題でいろいろあったことは記憶に新しい。スズキが窮地に陥ることがあったら、トヨタが出て来る可能性もあると指摘した。トヨタは自分さえ良ければいいという会社ではない。ライバルでも苦境の時には手を差し伸べる。ある意味でしたたかだ。結果的にそれがトヨタのためにもなる。VWとの問題はなんとか片付いたものの、スズキは大きなグループに属さない状態にいる。

近年トヨタは海外グループから離脱した国産メーカーを取り込むことに積極的になっている。GMが放出した株式を買取りスバルをグループ化したのをスタートに、昨年はフォードとの関係が切れたマツダと大々的に業務提携を発表。まるでトヨタグループ入りするかのような発表だったが、それはマツダの後ろにトヨタが付いたことをアピールすることが目的に違いない。次にVWから解放されたスズキになんらかのコンタクトを取ることは流れからして不思議ではない。

トヨタには子会社にダイハツがあるからという声もあるが、それとこれはあまり関係ないと思う。トヨタがマツダと提携したのには、マツダが本当に魅力的な車を作っていること、それをトヨタにも取り入れたいという思いがあったことは事実だが、裏にはスカイアクティブを支えるデンソーの技術流出を防ぐ目的もあったと言われる。スバルやマツダといった高い技術力を持ったメーカーが、中国企業のようないかがわしい外資に乗っとられた場合、基幹技術が流出してしまい、国益を損ねてしまう。スズキの小型車開発や生産技術は世界一ともいわれ、低燃費技術でも屈指である。それを支えるのがエネチャージをはじめとするスズキグリーンテクノロージーの大半はデンソーの技術でもあるから、そうしたものが流出してしまうことをトヨタが避けたいと考えるのはおかしくない。

トヨタにとってスズキの小型車技術は必須ではないが、あったらあったでいい。低価格でこんな車を作っちゃう。アルトに乗ったら章男社長は唸ると思う。新興国に遅れたトヨタとしてはスズキと協業するメリットがある。スズキにとっては一人でいるより、トヨタの影響力が及んでいることをアピールできれば、大きな安心につながる。というところで、トヨタがダイハツを飲み込むというビッグニュースが飛び込んできた。引き続き、それも交えて書きたい。

自動運転解禁!! 責任はドライバーにあると思う

テスラの自動運転機能が日本でもOKとなった。海外では昨年から認可が下りていたようだが、自動運転でも先頭を走ろう!!という安倍内閣の後押しもあったのだろう。日本の行政にしては早い認可だったと思う。自動運転の時代が来る!!と言われてもイマイチ私はわからなかった。想像の中でしか考えられなかったからである。テスラが出してくれたことでリアルなものとして考えられるから、これは大きな歴史的一歩。体験していないけれど、操作方法とか様子を見るだけでも、言葉より数段わかることがある。

最初にほお!!と思ったのは車線変更をウインカーのようなレバーで操作していること。目的地をセットすると、周囲の状況に合わせて時には車線変更もしながら自動的に到着するというレベルまでは到達していないようだ。ここだけを取り上げれば自分でやった方がいい。しかし、どうしても映像を見ていると不安感が拭えない。初心者の息子に運転させるくらいならワシが運転した方がいいという父親のような気持ちになりそうだ。テスラのような新興メーカーは別として、多くの自動車メーカーは自動運転をドライバー支援の技術と位置づけている。それは大いに賛成。

なぜなら何もしなくていいってほどつらいことない。安全なものとして確立されていて、もはやドライバーは寝ていてもいい。運転席にいなくたってOKレベルくらいになればいいが、今のところハンドルをすぐに握れるような状態でないといけない。つまり、映画なんかを見ながら時間を潰すわけにもいかないし、スマートフォンをいじることだってできない。その体勢を維持するのだって肉体的に疲れるし、座って車がちゃんと走っているか監視し続けるって本当にラクか? ハンドル握ってた方がよほど疲れない。何か作業していない時の時間ってすごく長いもの。私なら車に乗るのがイヤになるに違いない。車が好きでない人だって、それは同じだと思う。

自動車はドライバーが主役というカタチはしばらく変わらない。人間のミスや見落としをカバーしてくれる技術として進化していく。技術的には完全自動運転に近いものが可能になっても、ドライバーが待機していなければならないのなら、人間がそれを求めない気がする。私としてはペダルから解放されて、ハンドル操作だけやればいいって時代が来れば十分。考え方は人それぞれだろう。もちろん、30年後には全然違う世界が見えるかもしれないが、向こう10〜15年はそういう方向で進むと思っている。

自動運転の話になると、必ず出て来るのが責任の所在。でも、これって迷うことなくドライバーにあると私は思う。世の中で自動化されている乗り物はある。例えば、飛行機や新幹線。船舶にも自動操縦モードがあるそうだ。大事なところは人間がやって、あとは自動モードで人間が監視役になる例は乗り物以外にもいくらでもある。けれど、その間に何かトラブルや事故があった場合、操作していた人の責任が免除されるなんてありえない。自動車だけが別に考えられる意味がよくわからない。もちろん、そうしたものよりも敷居が低く、誰でも使っているものだからという理由があるだろうが、たとえ自動車に不具合やプログラムミスがあったことが原因で事故が起こったとしても、ドライバーの責任は免れるものではない。ドライバーの保険で賠償するべきと思う。難しく考えることはない。もし、車に不具合や開発上のミスがあったのならば、ドライバーがメーカーを訴えるだけのこと。その辺りの事故分析・解析専門の第三者機関のようなもの。ドライバーがメーカーに責任を問いやすくするような制度。こうしたものも含めた法整備が必要だと思う。

さらばあぶない刑事 × 日産



1月30日に「さらばあぶない刑事」が公開される。10年ぶりの映画でドラマスタートから30年で最後というからファンとしては待ってました!!と寂しい!!の気持ちでいっぱいだ。でも、まだ信じていない。年齢的に定年退職は避けられないが、御伽噺のようなものなんだし、なかったことにしたっていいじゃない。

ただ、自分の中で「もっともあぶない刑事」が最高傑作。それからの復活作はどうにも物足りなさがある。今回はあの80年代の原点をとても大切にした作品ということらしいから、もしかしたら「もっとも」を超えるかもしれないと期待はしているが、この作品と切っても切れないのが日産車。物足りなさには日産車が出なくなったということがあるかもしれない。

私は日産に対してあまり良いことを書いた記憶が少なく、大変に日産車ファンのみなさまには申し訳ないといつも思っているのだが、実はずっと私は日産党だった。今は心を揺り動かす車がなく、興味を持てないだけで日産が嫌いなわけではない。少なくとも高校生くらいの頃までは日産車に乗りたかった。

幼い頃の私は、日曜日に早く起きて「あぶない刑事」のビデオテープを必ず観ていた。セリフだって全部覚えていた。あれから30年が経っても「あぶない刑事」のDVDを車の中で流している。もはや、流れているだけでいい。何がいいとか言葉にできないのだ。空気が染まる感じがする。私は子どもだったので、バブルの頃は知らないが、どこかであの頃の空気感みたいなものが、懐かしく憧れてしまっているのかもしれない。

この映画で車がもっと好きになったのは間違いないが、実際のところ刑事ドラマは車が好きで見ていたと言った方がいい。あの頃、トヨタの車に関心は薄かった。確かにトヨタ車ってパッと見てかっこいい!!というのは少なかった。大人には良さが理解できるけれど、感覚的に心を掴まれる車はトヨタではなく日産だった。グロリア、スカイライン、ローレル。レパード、シーマ。将来乗りたいと思った車は日産。なのに、当時あこがれた車が無くなってしまった。

日産オフィシャルのYouTubeで「さらばあぶない刑事」の日産車トレーラーが公開された。今回の映画に登場する日産車が出て来る。現行車ばかりなのに、やっぱり胸が高鳴ってしまう。それと同時に涙が出そうになる。今回はゴールドツートンのレパードも登場するというから、本当に楽しみだ。みなさんと1月30日以降に語り合いたい。

新型プリウス受注は60歳以上! 当然です

新型プリウスの受注が発売から1ヶ月で10万台。先代は16万台だったが、今回は8万台か良くて10万台と思っていたから、10万台なら十分成功だと思う。理由は以前の記事に書いているので省きたい。しかし、どうしてメディアは思い込みや勝手な前提ありきで記事を書くのだろうか。またいつものように受注は60歳代以上が中心のような書き方をしている。そしてコメントには「若者の車離れ」「若い人は車を買う金がない」といういつものコメント。みんなそう言ってるからそう思ってくるのだろう。

まぁ普通に考えて、20〜40歳人口より、40〜70歳人口が多いことは周知の事実。年代別分類では60歳以上はひとくくりにされることが多い。80歳台まで含んでしまうのだから多くなるのは普通。前から言っているように私は若者の車離れと、高齢者の事故増加はかなり誤解があると思っている。確かにある特定の地域に限っては車離れはあるかもしれない。都心とか大都市の真ん中に住む電車と自転車で生活できるようなタイプの人など。けれど、そういう人は昔だってそんなに持ってなかったのでは。大阪にいたこともあるけど、大阪クラスだって中心部を外れれば車がないと不便で、みんな持っていた。地方と言われるような県だと、そもそも仕事にならない。簡単に自動車から離れることはできない。単に若い人が減っただけ。事故だって高齢者が増えただけ。率で見れば劇的変化はないと思う。ただ、車に対して憧れ、こだわりを持つ人は昔より減っている気がする。生まれながらに自動車が身近にあった世代にとって、自動車は特別なものではない。パソコンや携帯電話と同じ。自分を主張するアイテム色は弱い。カタチや色に好き好きはあるものの、道具として考えればそんなに高額なものを買う必要はないと考えている。この15年間くらいそうした地味な車が多かったこともある。楽しさとか興味を駆り立てられる車って、車が好きな人から見ても不作だったのではないだろうか。

こうしたことから、今までより興味を持ってもらえる存在になる!!というのが、トヨタの考える「もっといい車」であって、それはスポーツカーとか高級車のような偏ったものを指しているわけではないだろう。私の幼少期は「いい車に乗っているなぁ」と言えば、価格が高い車とかスポーツカーを指したものだが今は違っている。トヨタだってバブル再来を目指しているとは思えない。誰でも手の届く範囲で、もうちょっと魅力ある車を作ろうよというのが、これからの100年も自動車が楽しい存在であり続けるポイントで、そんなことはトヨタは重々承知なはずだ。

若い人が車を買うお金がないというのも嘘ではないが、言い切れるほどではない。都会に比べ年収は低いが、実家暮らしも多いし、駐車場代は不要。車の価格も昔よりも高くなっているが、その分価値の下落もゆるやか。おじさま方の時代なら5〜6年も乗れば下取りゼロというイメージだが、今は人気車なら100〜150万円付く。購入価格は300万円でも、実質負担は90年代なら200万円くらいと同等。メリット・デメリットはあるものの、残価設定ローンの登場や、ローンの年数も長くすることが可能になったし、マイカーリースなど乗り方も多様化。トヨタディーラーでは残価設定が半分くらいを占める。したがって、5年間の残価設定プランなら月々3万円少々でけっこういい車に乗れる。正社員なら高嶺の花というほどではない。それに地方の夫婦は公務員か銀行員以外(もちろん例外アリ)ほとんど共働きだ。プリウスは高すぎるから若い人は買えないというのはけっこう勘違いで、若い人や子育て世代はプリウスを買わないだけ。ノア・ヴォクシー・エスクァイア兄弟を同じかそれ以上の価格で購入していたりする。ジャーナリストも新聞記者も、都会の一等地で、世の中を暗い気持ちに導くような思い込み記事ばかり書いてないで、積極的に方々の販売現場をよく取材した方がいいんじゃなかろうかと思う。

古い車にやさしい車両保険 !

任意保険は「対人・対物無制限」。ドライバーにとって常識だが、必ず「対物超過特約」を付けるべしと、この場所では伝えることにしている。保険料に大した差がない割りに安心度が大きく向上するからだ。この特約を付けていれば、自分の不注意で壊してしまった相手の車の修理費用が、その価値を超えてカバーされる。よほどのことがない限り自己負担なし。

対物超過についてはこちらに詳しく解説!!

こうした特約が登場した背景には、財布の紐がきつくなったこともあるが、車の進歩や変化がゆっくりになり、昔より古い車が増えたことがある。15年前って2001年。あの頃の車を見返してもまだ現役。中古車でも販売されている。私が子どもの頃には考えられなかった。車両の価値より修理代が上回ることが増加して「なんのための保険よ!!」という契約者の怒りや、何より被害者保護の観点から修理に限って、価値を超えた部分も出しましょう!という特約を作ったと考えられる。

しかし、今まではあくまで相手にきちんと対応できる安心。不注意で愛車を壊してしまった場合は自己責任。そりゃ車の価値しか出しませんよ! というのが保険会社の基本的な姿勢。つまり、私の2001年型チェイサーなんて30万円くらいしか保険はかけられない。前の方をちょっとやってしまったらおしまい。自己負担は出るし、保険を使ったら向こう3年間は大幅に保険料負担が増える。出る保険金が少ないからといって保険料が安いわけではない。代わりに新車に変えてもそんなに高くならない。互助という保険の性質上それは仕方ない。

そういうこともあって購入から5年も経てば車両保険を切り捨てる人が増加。気軽に使えなければ、もしもの時という気持ちもなくなる。さらに、通販型自動車保険の人気も台頭。顧客の流出が起こり、結局大手損保会社の保険料収入は減少傾向となっている。とはいえ、儲かっているようだが。


○車両修理時限度額引上不適用特約ってなんだ?

そんな中、東京海上の自動車保険に見慣れぬ特約が登場した。「車両修理時限度額引上不適用特約」。通常特約は何か補償やサービスが追加される時に使われるものだが、この特約は「不適用」ということから、もともと標準付帯されているということだ。不適用の特約だから、当然特約を付けると保険料は少し安くなる。どうやら商品改訂が行われて、対物超過の自分の車バージョンが登場したようだ。なぜ、不適用を特約にしているか。それは東京海上にとって、そこが売りだからなのだろう。自分の車だって、超過分も保険が出るというのは、他社に対してアドバンテージになる。

つまり、この特約を付けない限り、車両保険を付けた時点で、自分の車でも価値を上回る分の修理が受けられるようになったというわけだ。古い車の場合、車価が10-15万円というケースも少なくない。その場合には今までは見るからにかかりそうなら、ろくに見もせず10万円全損で終わりですとなっていたところ、修理して乗りたければ50万円までは修理してOKになった。これはなかなか大きい。なぜなら50万円くらい修理費が出るなら、リサイクルパーツなどうまく活用すれば、かなり大きな事故まで対応ができることになる。古い車を好きで大切に乗っている人にとっては、ありがたい補償なのである。

保険会社も特色を出すのに必死になってきたということだろう。安易な保険料の引き下げは行わず、内容の充実で勝負というのはアリだと思う。こうした手厚さは通販型との差別化にもなる。こういうのを探していたという人にとってはおすすめだ。
<<back|<123456789>|next>>
pagetop