July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

新型プリウスの感想

年末に担当営業氏の誘い。新型プリウスに乗せてもらえることになった。うちのプリウスはデビュー前に契約し、いち早く乗ったものの、今回はしっかり確かめてから考えたいと伝えている。なぜなら、このくらいの性能を持った魅力的なエコカーはプリウスだけではなくなっているからだ。燃費だけで車を選ぶ時代はもう終わっている。

今回のプリウスはTNGA第一弾。豊田章男社長は常々もっといい車作りを口にしてきた。単にコストを低減する目的だけでなく、走りやデザインといった今までトヨタが後回しにしていた部分も気を配って作った点が今までと異なっている。欧州車の日本市場での好調ぶりや、国内でも走りに魅力のある車が売れていることを無視できなくなった面もあるだろう。

早速、走り出してみる。進化したことはすぐにわかった。何かが飛びぬけてすごいわけではない。目立ってどこか主張するわけではない。けれど、良い車ってそういう車なのだろうと思う。なぜなら、そういう車を作るためには作り手の意思が必要だからである。目指すものが明確にあるから車を構成する要素を統一した味でチューニングできる。だから出来上がった車は調和ができる。今までの経験では、そんな車は長く付き合える。新型プリウスは乗っていて「なんかこの車いいなぁ」と思える。近頃こういう調和の取れた車を作るのはマツダ、スバル。軽自動車ではスズキという感じ。でも、マツダやスバルみたいに顧客に車好きが多いメーカーより、トヨタは個性の主張は控えている。

調和の取れた車を作ることは決してコストアップにならないと私は思っている。必ずしも高い部品を使わなくても出来ることもあるはずだ。例えば、スズキアルトなんて80万円の車でも、良い調和ができる。それは開発陣にこういう車が作りたい!!という明確なイメージがあるからだ。同じコストでもそういうイメージがあるのとないのとでは、採用する部品も変わる。小さな積み重ねが車の出来を大きく左右する。今までトヨタはコスト最優先という感じがどうしてもしていた。要求するスペックを満たしていれば、あとは値段が安いかどうか。部品を集めて組み立てる。それでもそれなりに車はできてしまうようだが、いい車にはならない。今度のプリウスは少なくとも「もっといい車を作りたい」という意志が感じられる。そこがうれしい。これは昨年のアルファードからスタートして、シエンタと続き、このプリウスではっきり方向性が示された。これからのトヨタの車は期待できる。

新型プリウスは乗り心地がいい。トヨタのFFに共通するリヤの突き上げ感、段差やコーナーでの底付き感は伝統芸のようなものだったが、今度は解消されている。スピードを出さなくても気持ちよく走ることができる。これがすごく重要だと思う。私は形式だけで判断するのは嫌いなのだが、やはりリヤはダブルウィッシュボーンにしたことが大きい。純粋に動力性能という点では先代と違いは感じなかった。力強くなったとも非力になったとも思わない。今回モーターのスペックは落ちているものの、乗った感じには差がないと思う。でも、パワーモードにした時のトルク感は先代の方がある。

変わったとすれば、これまで時速17キロくらいでエンジンが始動することがほとんどだったのが、町乗りで28キロくらいまでモーター走行することがある点。バッテリーの回生能力もかなり向上。バッテリー残量はなかなか減らないし、復活の時間も早いからEV走行できる時間は確実に伸びていると思う。今までのプリウスが普通に使って22〜24.0km/Lくらいが一般的だったが、新型では25〜28.0km/Lくらい出るかもしれない。

新型プリウスには、トヨタセーフティセンスPが設定されている。「S」にも標準装備して欲しかったところだが、量販グレードの価格を上げないことや、レンタカー需要などもあり、オプション設定となっているのだろう。こちらは時速50キロあたりまで停止できる性能を持った自動ブレーキに加えて、全車速対応のレーダークルーズコントロールも装備しているから、年配ユーザーにとっては疲労軽減という意味でも非常に有用になるし、2017年から自動車保険料も安くなる見込み。ぜひ、オプションすべきだ。

最後に改めて買いなグレードをおさらいしたい。量販グレード「S」は先代より10万円上がったが、大幅に進化した乗り心地、LEDヘッドランプ、合成皮革巻ステアリング、カラーになったメーター類など装備の向上もあるので納得できる範囲だろう。上級グレード「A」は先代の「G」に匹敵し、比較すると約16万円の価格アップ。トヨタセーフティセンスP、カラーヘッドアップディスプレイ、ブラインドスポットモニター、シンプルインテリジェントパーキングアシストなどを追加しており、これも価格差分の装備は十分付いている。ただし、運転席パワーシートは削除されている。そういう意味では、一番価格差が少ないのが「S "ツーリングセレクション"」である。先代は17インチタイヤ+ホイール、本革巻ステアリング、LEDヘッドランプが付いたが、今回はLEDヘッドランプはベースに標準。代わりに合成皮革シート、快適温熱シートなど採用して、ちょっと内容が良くなっているのに3万円くらいしかアップしていない。見た目を重視するなら「S "ツーリングセレクション"」。そうではないなら「S」にLEDフロントフォグランプ、トヨタセーフティセンスP。必要に応じてナビレディセットをオプションすれば十分満足できる。

今度のプリウスはおすすめか? と聞かれたら「おすすめです」と答えたい。もちろん、マツダアクセラ、スバルレヴォーグをはじめ、同じ予算で買える車はたくさんある。プリウスが最善とは思わない。けれど、やっぱりこの装備と燃費&性能で250万円というのは他にない。

スズキバレーノの感想

先日のイグニスに続いて、2月に国内で正式発表される予定なのが、スズキの新型コンパクトカー「バレーノ」である。約1年前にどこかのショーに初登場したバレーノは、スズキが考える理想のコンパクトカーと主張されていた。この車はスズキの中ではスイフトよりも上位を担当するので、他社で言えばスバルインプレッサスポーツ、マツダアクセラスポーツあたりのクラスに入るのかな?と思えば、それよりちょっと小さい。

またまたライバルよりちょっと小さい路線である。マツダで言えばデミオ以上、アクセラ未満。なんとも微妙な位置づけである。ただ、サイズは幅が思い切って5ナンバーを飛び出している。せっかく投入するなら、日本でも売れた方がいいに違いないが、メイン市場はインド。シェアNo.1のインドで、上級車を求める声が増えてきたのだろう。スズキはわざわざ高級路線の店舗を設置して、このバレーノを第一弾にしている。

もっとも売れる場所で作るという戦略から、この車はインドで生産して日本に輸入するという。英国やタイなどはあったものの、インド製の車を国内で販売するのは、おそらく初めてのことだろう。搭載されるエンジンは、新開発の1.0L 3気筒ターボエンジンと1.2Lガソリンの2タイプ。排気量は小さいが、直噴ターボ仕様はトルク170Nmと1.8L並み。さらに、なんと重量はソリオよりも軽い900kgを切るらしいから十分1.5〜1.8L車と闘えるだろうし、適度にいい燃費性能を持っていると予想はできるが、今や小型車はただ単に燃費が良ければ売れるというものでもない。

どうしてもスズキの車に乗らないといけない人で、ソリオやスイフトよりも、もう少し大きめでよく走る車が欲しいという人にとっては、この車の登場は意味あるものだろう。しかし、それ以外の人にとっては、現時点では正直そんなに需要がない。価格設定にもよるが、リセールバリューなども考えると、スズキに甘いと言われる私でも、そんなにいい買い物とは思わない。

そう考えるのは、けっこう期待していた内装がイマイチだったこと。もちろん、試作のショーモデルだからかもしれないが、あんまりスイフトと変わらない印象。まだまだスズキは上級な車作りは慣れていない。

国内ではスイフトとソリオがマッチしている。それなりに評価されて販売的にも成功だ。けれど、SX4からスタートして、エスクード、イグニス、バレーノと矢継ぎ早に小型車を投入するスズキ。これには、販売台数を上乗せしたいという思いよりも、3年先・5年先を見据えたものがあるらしい。スズキは国内で小型車を10万台販売することを目標にしている。今のところ、ソリオとスイフトで6万台というところ。ここから上乗せするためには、まずは商品のラインナップがなければダメということのようだ。したがって、そう簡単に売れるとは思っていないけれど、モノが無ければどうしようもない。軽自動車以外にもけっこう品揃えがある。そんなイメージを日本のユーザーに知ってもらうためにも、当面は小型車をお店に増やす戦略。しばらく忍耐なのだろう。

けれど、いくら売れると思えない微妙な車でも、世界規模で見て作った持ち駒をとりあえずお膝元の日本に投入していく姿勢は、もはやなんにも売るものが残っていない三菱よりも評価できるだろう。

私にとっての今年の車

日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定!! 2年連続でマツダが獲得した。今年の車となった「ロードスター」は先代でも獲得しているから、2代連続である。「ロードスター」は日本自動車殿堂のカー・オブ・ザ・イヤーも受賞しているから、これで2冠となる。間違いなく2015年の1台として記憶に残るだろうと思う。対して、RJCカー・オブ・ザ・イヤーは「スズキアルト」が受賞。本家ではまったく縁がないが、話題性とか趣味性より、しっかりいい仕事をしてる車が受賞する傾向があるRJCだと、スズキは縁がある。ハスラーに続いてこちらも2年連続となった。そういう意味ではいい車を作っているメーカーが、きちんと評価されていると思う。

ちなみに、私が選ぶ今年の1台は「スズキアルト」。また、アルトの話かよと言われそうで申し訳ないが、購入したくらいだから当然と思われるかもしれない。けれど、同じように下駄として乗っていた先代アルトが、新型の時に今年の1台に選んだか?と言われたら、それは絶対ないと答える。少なくとも先代までのアルトは積極的に選びたくなるような車でなかった。消去法で選ぶ車。価格が安くて、燃費が良い。それだけが売りだ。しかし、新型は「小さくて価格が安くて燃費が良い」という軽自動車本来の姿をしっかり見直しながら、ちょっとした走る楽しみ、感性にまで入り込んでくるような作りこみができたというのは、素直にすごいと思う。この車は確実に軽の世界だけのみならず、コンパクトカーの世界にも新しい価値を提案したし、ユーザーや車好きにとっても「こういう車もけっこういいものなんだ!!」と気づかせた功績は評価されるべきだと思っている。

ロードスターとアルト。対極にあるような車に思えるかもしれない。けれど、この2台は実に似ているように思える。どちらの車もデビューから一貫して貫かれている精神がある。そして、どちらもシンプル。もちろん、安全装備など今に合った内容になっているものの、あくまで独自の世界があって、それに忠実であることを第一に開発され、時代の流れとは少し距離を置いている印象がある。今の自動車たちが、先進技術、次世代技術の足し算足し算で作られている中、あえて引き算している2台である。技術の進歩は新しい物をどんどん付け加えることだけではないと思う。同じ枠組み(価格や重さなど)の中でもっといいものを作るというのも立派な進化。21世紀もそこそこ経過して、次世代エコカー、自動運転すらも現実味を帯びて来た中、2015年を代表する車に、原点を大切にし、シンプルを是としているロードスターとアルトが選ばれたというのは、改めて「基本をしっかりやらんといかんよ!!」。「真剣に作れば素うどんだってこんなにおいしい!!」。そんな自動車業界の気づきを感じる。

アルトとの日々が始まって1年近く経過するが、この車は本当に飽きない。気に入らないところがない。確かに内装は上等じゃないし、飛びぬけて速くもないし、室内空間だってどちらかといえば狭い。乗り心地も本当にいい普通車と比べたら劣るだろう。けれど、どういうわけか全部がしっかりコーディネートされていて調和しているから、走って本当に気持ちいいのだ。スズキの車の良さはコスト高になることはしないけれど、人の手で良くなるのならちゃんとひとつひとつ確認して、チューニングを施しているところ。そういう意味でロードスターファンの人には怒られるかもしれないが、案外走りの面でも目指しているところは近いのかもしれない。日本で一番安いベーシックな車がこんなに良くなった。驚くほど広い車から、箱バンにトラック。SUVにS660のような本格的スポーツカー。いろいろ言われても、やっぱり軽は日本が世界に誇るジャンルである。

スズキイグニスに触れた

スズキのモーターショーと言えば、アルトワークス一色。ただ、1月に発表される小型車「イグニス」と、2月に発表されるらしい「バレーノ」という1つの小型車も展示。しかし、あまりメディアでは取り扱われていない!! 確かに地味。

イグニスはソリオをベースとしたクロスオーバー。写真で見るとイマイチながら、実物はまぁまぁクロスオーバーらしく、今までにないポジション。ホンダがライバルより少し大きめなお得感で人気なら、スズキはソリオをはじめ、ライバルより少し小さいことに生きる道を生み出そうとしているかもしれない。

このイグニスもパッソとかマーチクラスという印象。搭載されるエンジンはソリオとまったく同じ1.2Lデュアルジェットエンジン+アシストモーターのマイルドハイブリッド。ハイブリッドといってもあくまでも補助で、基本的にガソリン車と考えていい。しかし、車両重量が850kg前後らしいので動力性能は十分であり、実用燃費もいいだろう。JC08モード目標値は28.0km/Lと言われている。たぶん普通に使って22.0km/Lくらい出ると思う。

インテリアは、メーターパネルが小型車らしいものになっていること、エアコンや各種スイッチ周りが目新しい。けれど、そんなに驚くようなものはない。シートは軽自動車のものよりはいいが、インパネの質感やドアトリムはアルトよりちょっといいレベル。

アルト以降のスズキの車の走りはとても洗練されたし、車体の軽さから来る軽快な走り、実用燃費の良さは折り紙付ではあるものの、個人的にはハスラーほど、明らかに売れそうという雰囲気は感じず。もう少しインテリアなどはハスラーのような遊び心があればよかったが、日本のために作る軽と、海外市場も考えないといけない小型車では、その辺のデザインは違ってくるのかもしれない。

この車が売れるかどうかは価格次第。少なくともスイフトより安くないといけない。軽自動車のハスラーと同等が理想である。スイフトやソリオが堅実に売れているとはいえ、まだまだスズキの小型車を買うという選択肢を持っているユーザーは少ない。もしも、量販グレードの「ハイブリッドMX」が130万円くらいで、デュアルカメラブレーキサポート、ナビを付けて160万円以下で買えるなら、軽自動車を購入しに来たユーザーにもオススメできる。だが、180万円くらいになってくると厳しい。私だって買おうと思わない。

ただ、エスクードもそうだが、スズキはリヤビューがダサい。スズキの課題はリヤビューのデザインだと思う。SX4・エスクード・バレーノと違って、イグニスは国内生産と思われるので、そこそこ売りたいはず。車の割りに安いと思える値付けにしてくると思う。もし、110万円台からの価格設定なら十分競争力があると思う。

新型プリウス受注状況

新型プリウスのメーカーへの発注は11月9日ごろからスタートしている。約1ヶ月となった11月中の受注は約5万台となっているそうだ。総額300万円くらいする車が発売前に5万台受注しているのは立派だが、どうしても現行登場時の爆発的騒ぎが記憶に新しく「あまり売れてないね」との意見を持つ人もいるようだ。

30型と呼ばれる現行プリウスがデビューした2009年5月は、リーマンショック直後の経済対策で補助金があった。定められた燃費基準をクリアしたエコカーに乗り替えると最低でも10万円。さらに、自動車税が重課される13年経過車を「解体」して乗り換えれば25万円もらえた。そこに従来からの重量税・取得税の免税。追い討ちをかけるガソリン価格高騰。そこに、それまでベーシックタイプでも233万円だったのが、モデルチェンジして性能も風格も上がったのに205万円〜とトヨタの大幅値下げで後押し。燃費は良くても価格が高いから・・・というネガを取り去った結果、なんとなく国民が憧れていたハイブリッドカーが、グッと身近になったため、買うしかないモードが出来上がり発売から1ヶ月の受注台数は16万台に膨れ上がり、納期は1年近くというケースもあった。

しかし、当時トヨタのハイブリッドカーといえばプリウスしかなかった。高価格帯にはクラウン、ハリアー、エスティマはあったが、生活実用車とは考えにくいもの。買い替えるつもりがなかった我が家ですらプリウスを購入したくらいだから、そんな家庭が何十万とあったのだろう。しかし、今はプリウスよりも手ごろなアクア、カローラにもハイブリッドがある。ワゴンのプリウスアルファ、ミニバンのノア&ヴォクシーもある。ファミリー層が生活スタイルに合わせて選べるハイブリッドが増えた。さらに、クラウンやマークIIあたりから変えた人もいたが、これらの人たちにはプリウスが好評だつたわけではなく、結局手放した人も少なくなかった。そういった人たちには現在はクラウンハイブリッドが好評である。プリウスのスタイルやパッケージに魅力を感じていた人が何割いただろうか。ハイブリッドじゃなかったら買ってないという人がほとんどだろう。今後プリウスに一極集中することはないと私は思う。

さらに、今や5〜6年で車を買い替える人は多くない。経済的に引き締めたい気分もあるだろうが、昔より車が良くなったので乗っていて旧さを感じない。その上、プリウスの一番のセールストークの「燃費」も今一歩だ。現行の時は乗り替える人のほとんどがガソリン車。買い替えるメリットを明確に説明できた。でも、今のプリウスだと簡単に通用しない。買い替えるほど燃費に不満を持っているわけではない。また、リッター30を超えると、もはや人々は燃費の数字に大きな関心を示さない印象。現行プリウスユーザーという大きな山を動かすためには、燃料代がかからなくなるくらいのインパクトがないと難しいと考える(したがって、PHVが破格値で出る可能性あり!!)。つまり、今注文している人は、歴代プリウスを乗り継いでいる熱いファン。3代目からの進化がよく理解できる車に明るい人。または、2代目に乗っている人などが中心。私の担当営業さんも思ったほど売れてないんですと言っていた。そうだと思う。一般的に新車から買い替えるスパンの平均は7年あたりだから、来年になると30初期型からの乗り替えも増えてくると思う。

そんなことは私が思うくらいだから当然トヨタはお見通しである。月産3万台で足りる? と思ったが、今のところその計画はかなり正確だと思う。新型プリウスの納期は平均して3ヶ月で維持されると思う。ただし、そんなに売れるグレードではない本革シート仕様や、リチウムイオン電池の「E」と「A」2WD車は納期がかかる可能性がある。新型プリウスのおすすめグレードは個人的に「S」。これは2代目から変わらない。普通に乗れればいいという人にこれ以上のものは必要ない。「A」より上のグレードは、好きな人が購入するものと思えばいいだろう。バッテリーは気になるところだが、リチウムイオンであるという満足感以外に、そんな違いはないと考える。「S」にトヨタセーフティセンスP、LEDフォグランプ、ナビレディパッケージを付ければOK。ただ、せっかく最新の安全装備が揃うのだから、メーカーオプションで「S」にも、ブラインドスポットモニターがあればいいなぁとは思う。

我が家もプリウスが来年7年を迎えるので、今まで乗ったことのなかったジャンルのシエンタやエスクァイアなども含めて検討をしてきたが、やっぱりボディサイズ・価格・燃費などトータルのバランスはやっぱりプリウスが素晴らしい。今回も新型の「S」に替える予定にはしているが、今回は補助金などもないし、車検もまだまだあるのでオーダーは発売後じっくりと乗ってからにしようと思っている。現行は各所で指摘されているように、乗り心地が悪かった。特にリヤシートなんてひどいもの。これはどうしようもなかった。TNGAとかダブルウィッシュボーンのリヤサスとか最近のトヨタ車の印象など、絶対良くなっているだろうと確信するが、こればっかりは実際に乗ってみないとわからない。ある程度しっかり試すことができて、これならいいぞ!!と思えたら具体的にディーラーと話をしようと思っている。ただ、購入するとしても来年中盤あたりだろうから、プリウスベースのSUVやPHVの概要を見てからでもいいなと思っている。どちらにしても、早く新型に乗ってみたいものだ!!
<<back|<234567891011>|next>>
pagetop