July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スズキイグニスに触れた

スズキのモーターショーと言えば、アルトワークス一色。ただ、1月に発表される小型車「イグニス」と、2月に発表されるらしい「バレーノ」という1つの小型車も展示。しかし、あまりメディアでは取り扱われていない!! 確かに地味。

イグニスはソリオをベースとしたクロスオーバー。写真で見るとイマイチながら、実物はまぁまぁクロスオーバーらしく、今までにないポジション。ホンダがライバルより少し大きめなお得感で人気なら、スズキはソリオをはじめ、ライバルより少し小さいことに生きる道を生み出そうとしているかもしれない。

このイグニスもパッソとかマーチクラスという印象。搭載されるエンジンはソリオとまったく同じ1.2Lデュアルジェットエンジン+アシストモーターのマイルドハイブリッド。ハイブリッドといってもあくまでも補助で、基本的にガソリン車と考えていい。しかし、車両重量が850kg前後らしいので動力性能は十分であり、実用燃費もいいだろう。JC08モード目標値は28.0km/Lと言われている。たぶん普通に使って22.0km/Lくらい出ると思う。

インテリアは、メーターパネルが小型車らしいものになっていること、エアコンや各種スイッチ周りが目新しい。けれど、そんなに驚くようなものはない。シートは軽自動車のものよりはいいが、インパネの質感やドアトリムはアルトよりちょっといいレベル。

アルト以降のスズキの車の走りはとても洗練されたし、車体の軽さから来る軽快な走り、実用燃費の良さは折り紙付ではあるものの、個人的にはハスラーほど、明らかに売れそうという雰囲気は感じず。もう少しインテリアなどはハスラーのような遊び心があればよかったが、日本のために作る軽と、海外市場も考えないといけない小型車では、その辺のデザインは違ってくるのかもしれない。

この車が売れるかどうかは価格次第。少なくともスイフトより安くないといけない。軽自動車のハスラーと同等が理想である。スイフトやソリオが堅実に売れているとはいえ、まだまだスズキの小型車を買うという選択肢を持っているユーザーは少ない。もしも、量販グレードの「ハイブリッドMX」が130万円くらいで、デュアルカメラブレーキサポート、ナビを付けて160万円以下で買えるなら、軽自動車を購入しに来たユーザーにもオススメできる。だが、180万円くらいになってくると厳しい。私だって買おうと思わない。

ただ、エスクードもそうだが、スズキはリヤビューがダサい。スズキの課題はリヤビューのデザインだと思う。SX4・エスクード・バレーノと違って、イグニスは国内生産と思われるので、そこそこ売りたいはず。車の割りに安いと思える値付けにしてくると思う。もし、110万円台からの価格設定なら十分競争力があると思う。

新型プリウス受注状況

新型プリウスのメーカーへの発注は11月9日ごろからスタートしている。約1ヶ月となった11月中の受注は約5万台となっているそうだ。総額300万円くらいする車が発売前に5万台受注しているのは立派だが、どうしても現行登場時の爆発的騒ぎが記憶に新しく「あまり売れてないね」との意見を持つ人もいるようだ。

30型と呼ばれる現行プリウスがデビューした2009年5月は、リーマンショック直後の経済対策で補助金があった。定められた燃費基準をクリアしたエコカーに乗り替えると最低でも10万円。さらに、自動車税が重課される13年経過車を「解体」して乗り換えれば25万円もらえた。そこに従来からの重量税・取得税の免税。追い討ちをかけるガソリン価格高騰。そこに、それまでベーシックタイプでも233万円だったのが、モデルチェンジして性能も風格も上がったのに205万円〜とトヨタの大幅値下げで後押し。燃費は良くても価格が高いから・・・というネガを取り去った結果、なんとなく国民が憧れていたハイブリッドカーが、グッと身近になったため、買うしかないモードが出来上がり発売から1ヶ月の受注台数は16万台に膨れ上がり、納期は1年近くというケースもあった。

しかし、当時トヨタのハイブリッドカーといえばプリウスしかなかった。高価格帯にはクラウン、ハリアー、エスティマはあったが、生活実用車とは考えにくいもの。買い替えるつもりがなかった我が家ですらプリウスを購入したくらいだから、そんな家庭が何十万とあったのだろう。しかし、今はプリウスよりも手ごろなアクア、カローラにもハイブリッドがある。ワゴンのプリウスアルファ、ミニバンのノア&ヴォクシーもある。ファミリー層が生活スタイルに合わせて選べるハイブリッドが増えた。さらに、クラウンやマークIIあたりから変えた人もいたが、これらの人たちにはプリウスが好評だつたわけではなく、結局手放した人も少なくなかった。そういった人たちには現在はクラウンハイブリッドが好評である。プリウスのスタイルやパッケージに魅力を感じていた人が何割いただろうか。ハイブリッドじゃなかったら買ってないという人がほとんどだろう。今後プリウスに一極集中することはないと私は思う。

さらに、今や5〜6年で車を買い替える人は多くない。経済的に引き締めたい気分もあるだろうが、昔より車が良くなったので乗っていて旧さを感じない。その上、プリウスの一番のセールストークの「燃費」も今一歩だ。現行の時は乗り替える人のほとんどがガソリン車。買い替えるメリットを明確に説明できた。でも、今のプリウスだと簡単に通用しない。買い替えるほど燃費に不満を持っているわけではない。また、リッター30を超えると、もはや人々は燃費の数字に大きな関心を示さない印象。現行プリウスユーザーという大きな山を動かすためには、燃料代がかからなくなるくらいのインパクトがないと難しいと考える(したがって、PHVが破格値で出る可能性あり!!)。つまり、今注文している人は、歴代プリウスを乗り継いでいる熱いファン。3代目からの進化がよく理解できる車に明るい人。または、2代目に乗っている人などが中心。私の担当営業さんも思ったほど売れてないんですと言っていた。そうだと思う。一般的に新車から買い替えるスパンの平均は7年あたりだから、来年になると30初期型からの乗り替えも増えてくると思う。

そんなことは私が思うくらいだから当然トヨタはお見通しである。月産3万台で足りる? と思ったが、今のところその計画はかなり正確だと思う。新型プリウスの納期は平均して3ヶ月で維持されると思う。ただし、そんなに売れるグレードではない本革シート仕様や、リチウムイオン電池の「E」と「A」2WD車は納期がかかる可能性がある。新型プリウスのおすすめグレードは個人的に「S」。これは2代目から変わらない。普通に乗れればいいという人にこれ以上のものは必要ない。「A」より上のグレードは、好きな人が購入するものと思えばいいだろう。バッテリーは気になるところだが、リチウムイオンであるという満足感以外に、そんな違いはないと考える。「S」にトヨタセーフティセンスP、LEDフォグランプ、ナビレディパッケージを付ければOK。ただ、せっかく最新の安全装備が揃うのだから、メーカーオプションで「S」にも、ブラインドスポットモニターがあればいいなぁとは思う。

我が家もプリウスが来年7年を迎えるので、今まで乗ったことのなかったジャンルのシエンタやエスクァイアなども含めて検討をしてきたが、やっぱりボディサイズ・価格・燃費などトータルのバランスはやっぱりプリウスが素晴らしい。今回も新型の「S」に替える予定にはしているが、今回は補助金などもないし、車検もまだまだあるのでオーダーは発売後じっくりと乗ってからにしようと思っている。現行は各所で指摘されているように、乗り心地が悪かった。特にリヤシートなんてひどいもの。これはどうしようもなかった。TNGAとかダブルウィッシュボーンのリヤサスとか最近のトヨタ車の印象など、絶対良くなっているだろうと確信するが、こればっかりは実際に乗ってみないとわからない。ある程度しっかり試すことができて、これならいいぞ!!と思えたら具体的にディーラーと話をしようと思っている。ただ、購入するとしても来年中盤あたりだろうから、プリウスベースのSUVやPHVの概要を見てからでもいいなと思っている。どちらにしても、早く新型に乗ってみたいものだ!!

日本カー・オブ・ザ・イヤーはS660かロードスターか?

12月7日頃に、日本で一番歴史のあるカー・オブ・ザ・イヤーである「日本カー・オブ・ザ・イヤー」が決まる。今回10ベストカーに残っているのは、スズキアルトシリーズ、スバルレガシィシリーズ、トヨタシエンタ、日産エクストレイルハイブリッド、ホンダS660、マツダロードスター、BMW 2シリーズアクティブ&グランツアラー、ジャガーXE、フィアット500X、テスラモデルSの10車種。この中から、今年を代表する車として1台が選ばれる。

この日本カー・オブ・ザ・イヤーは、いろいろと批判も多い賞ではあるが、そうはいっても元祖。それなりに権威がある。日本でカー・オブ・ザ・イヤーといえば、このことを指すと言ってもいいだろう。ただ、どうしても広報力の強いトヨタやホンダが受賞する率が高いのは事実。そうしたことに疑問を持つ人も当然いる。そこで、RJCや日本自動車殿堂などもカー・オブ・ザ・イヤーをはじめ、それなりに箔も付くようになっている。

今年は、話題性よりも地味にがんばっている車が好きなRJCではスズキアルトシリーズが受賞。方向性ちょっとわからないけれども、日本自動車殿堂の方はマツダロードスターが受賞した。そういう意味で、今年は本家がロードスターかS660かと言われていただけに、分け合うというカタチならば、S660に票を投じやすい雰囲気はできたかもしれない。しかし、本家が他のCOTYを意識していない可能性もあるので、ロードスターという可能性はないわけではない。しかし、過去を振り返ると軽自動車がイヤーカーに選ばれたことはないのだそう。そうした前例を覆すのなら、S660はちょうどいいとも言える。

しかし、これまでの受賞車を見て思うのは、どうしてこんなのが大賞を取ったのだろう?と思ってしまう車がけっこうあるということ。ホンダCR-Z、トヨタiQなんて、一時の気持ちの盛り上がりであげてしまったという感じがする。こうした賞を受賞しておきながら、大事に育てないメーカーもメーカーなのだが、もう少し冷静に選んでもいいのではないかという気はしてしまう。その前で言えば、レジェンドやアコードもそうだ。ただ、80年代、90年代に比べて、2000年代はちょっと国産車は不作だった時期があるのも事実。無理に国産を選ぶ必要もない時代。今後は国産も輸入車も分け隔てなく、本当にいい車が選ばれたらいいと思う。

中古車メーター巻き戻しが再発

大昔、私もまだ子どもの頃、中古車のメーター巻き戻しが横行していたことは知っている。当時はけっこう簡単に距離の偽装ができたらしい。しかし、90年代末からメーターが簡単に巻き戻すことができないデジタルタイプのオドメーターになったし、車検証に走行距離が記載されるようになったりで、防止策が取られ、ほとんどそうした犯罪を耳にすることもなくなったが、最近になってそうした悪徳業者がまた出てきたという。

イモビライザーでさえ、突破できる世の中。メーターを巻き戻す機械を作ることは可能だろう。しかし、車検証に記録が残ることはどうしようもないはずだった。だが、ここに盲点が。車検時の走行距離表示。念を入れて過去2回分記載されているのは良いのだが、突然ヘンな距離になってもハネられることがない仕組みになっていた模様。つまり、158,000kmの記載が、今回25,000kmになっていても、そのまま通ってしまう。結果、25,000kmで通して、30,000kmでまた通せば、158,000kmの記載は車検証から消えてしまうというわけだ。これで素人は完全に騙されてしまう。というよりも、そもそも車好きでもない普通の人が、車検証をじっくり見るかというと、見ていないだろう。

前回よりも走行距離が減少するというのは、通常ありえないことである。悪いことをするやつが一番悪いとはいえ、そうしたおかしなことが通ってしまうというのは、やはり行政側にも不備があったと判断されても仕方ない。今後は、メーターの距離が減少することがあった場合には、車検が通らないようにすれば済む。故障等によるメーター交換などは致し方ない。しかし、通常まじめな自動車屋なら交換履歴を記録簿に記載。合算した上で申請する。それがわからない場合には、減る前の距離が永遠に残る仕組みにするだけで、ほぼこういうことを防ぐことができる。

とりあえず、我々がこうした悪徳業者から身を守る方法は、車検証をチェックするしかない。いくら距離が偽装できたとしても、車検証には車検を取った日にちが残っている。したがって、前々回から1年も経たずに車検を取っている車はかなり怪しい。半年以内でしかも同一県内は、ほとんどクロだと思っていいだろう。通常、中古車を販売するにあたって、1年以上車検が残っている車を、また車検取り直して販売することはないからだ(1年以内はありうる)。販売する側からすれば余計な諸費用がいらないので、利益を乗せやすい。

しかし、こうした対策を採ったとしても、問題は車検期間ではなく、走行距離にあるので、1年以上寝かせてから車検を取るヤツも当然出て来る。そういう意味で、やはり距離が減った場合には、その事実が消えないようにするしかない。

紅葉シーズンに思うこと

山々が紅く染まってくる。猛暑を乗り越え、出かけたくなる季節。春と秋はドライブには最適。しかし、この季節になるとがっかりすることもある。マナーの悪い二輪車が押し寄せてくるのだ。私の住む地域は田舎。二車線でけっこういい道路がある。それに交通量も少ない。彼らにとって厄介な白黒ツートーンカラーの車もめったにいない。それに都会に住む人にとっては、空気や景色もいいものだから、つい気持ちが高まるのは理解したい。けれど、そこはその地域に住む人にとっては、特別な道ではなく、毎日使う生活道路なのだ。走りを楽しむワインディングロードではない。

10月の終わりから、二輪車の集団が大挙してものすごいスピードで走ってくるのをよく見るようになった。県外から来ている車が多い。山陰のようなへき地に足を運んでくれて、お土産や宿泊など経済効果は感謝したいが、だからといって道路は彼らのためにあるわけではない。大勢のバイクが後ろから迫ってくるだけでも威圧感はかなりあるのに、前を走っている車を煽ったり、リーダー格のような者の判断で1台追い越すと、次々と追い越していく。これは走っていてとても怖い。前が原付ならわかるが、相手は車。普通の速度で走っている。つまり、彼らは一般道を80キロとか100キロで走りたがるのだ。

こうした人々はだいたい中高年である。最近の中高年のマナーの悪さには呆れることが多い。私は写真が趣味でもあるが、長年趣味にしている大先輩に話しを聞くと、最近始めたらしい中高年のマナーに困っているそうだ。お金もある。時間もある。それは良い。けれど、思いつきみたいなことで、他人の世界にドカドカとやってきて、めちゃくさゃなことをやる。そんな人が多いように思う。彼らの困ったところは、人の言うことに聞く耳を持たないことだ。

もちろん、全員というつもりはない。二輪車ファンの中高年には昔からバイクを愛する人、愛するからこそ、マナーや交通ルールを守って楽しんでいる人、たくさんいると思う。それに若い人にだって良くない人もいる。でも、一部のどうしようもないバカな年配のせいで、世間から問題視される。これは元々愛していた人にとって大迷惑。したがって、やはりこういう季節の交通取締りは強化した方がいいし、私は前々から言っているように、二輪車の税金を上げるべきだと思う。車検がいらない250cc以下のバイクは生活実用品として現状でいいと思う。業務や学生の足として大切な役割がある。

だが、排気量の大きなバイクは完全に趣味の物。必要があって乗るものではない。明らかな贅沢品である。車で考えれば、2.5Lクラスまでなら生活実用品の範囲内かなと思えるが、3.0Lオーバーになるともう好きで乗ってると判断されて仕方ない。税金が高いと嘆いても誰も慰めてはくれないだろう。バイクもそうだと思う。250cc以上のバイクは3.0Lの車と同じ自動車税(51,000円)を取ってもまったく問題ないと思う。750ccオーバーなんて6.0Lオーバー(111,000円)と同じでいいと思う。賛否両論あると思うが、あれだけの性能があるバイクが、軽自動車よりも安い4,000円はありえないと思う。大きな二輪車はそれでも乗りたいという人だけが乗るべきだ。
<<back|<3456789101112>|next>>
pagetop